「Dimension W(ディメンション ダブリュー)」は、ヤングガンガンで2011年から2015年まで連載された漫画作品。現在も「月刊ビッグガンガン」に移籍して連載中である。舞台は西暦2072年。人類は第4の次元「W」を発見し、無限のエネルギーを取り出すことに成功した。そして次元間電磁誘導装置「コイル」を個人携帯用とし、システムを完成させたことで人類は繁栄の境地にあった。しかしその裏では「不正コイル」を使った犯罪が増え、その回収を行うマブチ・キョーマはある依頼の中で、奇妙な少女・ミラに出会う。彼らは未来都市セントラル47を舞台に、コイルの裏に隠された真実を追うことになる…!

ディメンションWの日程

127人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ディメンションWの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ディメンションWのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 12:00更新)

「Dimension W(ディメンション ダブリュー)」とは

「Dimension W(ディメンション ダブリュー)」の魅力とは

「Dimension W(ディメンション ダブリュー)」は、「ヤングガンガン」で連載され、現在は「月刊ビッグガンガン」にて連載中の岩原裕二による人気漫画。アニメ化もされている。
物語の舞台は、西暦2072年。人類Z・Y・Zに次ぐ第4の次元軸Wから、「コイル」を使って無限のエネルギーを取得することに成功した。エネルギー問題はすぐさま解決され、人々は夢のような未来世界を築いた。しかしそれは貧困格差や「不正コイル」による数々の犯罪・不正コイル犯罪者たちを生み出すこととなる。主人公は不正コイルを回収する「回収屋」のマブチ・キョーマ。彼は昔に起きたコイル事故で、恋人である四阿屋 雅を亡くしている。それ以降コイルを用いた品に嫌悪感を抱くようになった。裏の顔は精鋭部隊「グレンデル」の生き残りで、コイルに隠された真実を追っている。
そしてヒロインは、アンドロイドである百合崎ミラ。彼女は生身の少女と見分けがつかないほど完成度が高い。ミラを創った百合崎博士の遺言に従って不正コイルを探るため、キョーマを助ける。

「回収屋」キョーマと、アンドロイド相棒ミラが紡ぐ物語。果たして不正コイルに隠された真実とは……

ディメンションWが好きな方はこんなチケットもおすすめ