DIAURA(ディオーラ)は、2010年に元ヴァルナの佳衣とyo-kaを中心に結成されたバンドだ。ヴィジュアル系シーンを独裁することをコンセプトとして、ビジュアルバンドの中でも際立った存在感を持っている。2013年には念願であったホールライブ「完全独裁領域渋谷公会堂」を大成功に収め、ますます人気に火はついた。ライブ会場はさながら独裁国家とも言えるような、DIAURAと熱狂的な愚民(ファン)が一体となった盛り上がりを見せる。彼らの華のあるパフォーマンスは、愚民を牽引する独裁者としての圧倒的なパワーを感じさせてくれるだろう。2017年も、聖誕祭や全国ツアーなどのイベントが目白押し。すべての公演を見逃さないようにしたい。

DIAURAの日程

558人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DIAURAのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/24 00:00更新)

DIAURAについて

DIAURAの魅力とは

DIAURAは2010年に結成されたバンドで、翌年にデモシングル「失翼の聖域」を発表した。バンドのコンセプトは、ビジュアル系の音楽シーンを独裁することだ。自ら独裁者と称し、ライブでは観客を愚民と呼ぶのも彼らの特徴だろう。彼らはヘヴィでラウドなサウンドで群雄割拠のビジュアル系バンドでも、独自の世界観を構築している。しかし2012年にはドラムの勇が怪我のために演奏続行が不可能となり、惜しくも脱退を余儀なくされてしまう。現在はサポートメンバーであった達也が正式加入し、新生「DIAURA」となって精力的に活動を続けている。

ボーカルのまさに独裁者然としたカリスマ性を感じさせる歌声は、人々を瞬く間に虜にしてしまう。そしてギターの佳衣の激しく攻撃的なギターサウンド、ベースの翔也の生み出すヘヴィでうねるようなグルーヴ、ドラムの達也の疾走感のあるエネルギッシュなドラミングが交じり合うことにより、ライブ会場は彼らの独裁国家へと変貌を遂げる。日本全国でファン数は増加の一途をたどり、各地でチケットは軒並みソールド・アウトを連発している。2016年に「Route of Infection」ツアーを大成功させたDIAURAは、今この瞬間も全国の完全独裁計画を進めているかもしれない。

DIAURAが好きな方はこんなチケットもおすすめ