DGMは、1994年にディエゴ・レアリ(Gt)、ジャンフランコ・タッセラ(Dr)、マウリツィオ・パリオッティ(Key)によって結成され、当初はインストゥルメンタル・バンドとして活動を開始した。バンド名のDGMは3人の頭文字をとって名づけられたもの。1995年にルチアーノ・レゴリ(Vo)を迎え、翌年インゴ・シュヴァルツ(Ba)が加入し、EP「RANDOM ACCESS ZONE」を発表し注目される。その後、幾度かのメンバーチェンジを繰り返しながら、イタリア・メタルの開拓者としてキャリアを積んできた。1999年リリースの2ndアルバム「WINGS OF TIME」は日本でも発売され、認知度を上げた。2014年には初来日し東名阪でライブツアーを敢行、会場を熱狂の渦に叩き込んだ。イタリア・プログレッシブ・メタルの最高峰DGMのスリリングなライブは興奮度MAXだ。

DGMの日程

15人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

DGMの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DGMのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

DGMについて

イタリア・プログレッシブ・メタルの頂点、DGMの魅力とは

1994年の結成当時のメンバー、ディエゴ・レアリ(Diego Reali)、ジャンフランコ・タッセラ(Gianfranco Tassella)、マウリツィオ・パリオッティ(Maurizio Pariotti)の3人の頭文字を取って名づけられたDGMは、イタリア・プログレッシブ・メタルの最強の実力派バンドだ。
当初はインストゥルメンタル・バンドとしてスタートしたDGMだったが、ボーカルとベーシストを加え、5人編成のヘヴィメタル・バンドとして活動を開始する。1996年に発表したEP「RANDOM ACCESS ZONE」がきっかけとなりレコード会社と契約が成立、1997年デビューアルバム「CHANGE DIRECTION」をリリースする。
1999年に発表した2ndアルバム「WINGS OF TIME」は日本でも人気となった。
その後も着実にアルバムを発表するが、メンバーは度々入れ替わり、2006年、唯一の創設メンバーだったディエゴ・レアリが脱退し、後任にシモーネ・ムラローニ(Gt)、エマニュエル・カサーリ(Key)が加入し、新生DGMとしてライブ活動を再開する、2007年に6thアルバム「DEFFERENT SHAPES」をリリースし、シモーネ・ムラローニのテクニカルなギタープレイが絶賛を浴びた。2016年11月には同じイタリアのフォーク・メタルバンドELVENKINGを引き連れて来日公演を行う。
ギタリストをはじめ抜群のテクニックを誇るプログレッシブ・メタルバンドの迫力満点のプレイに酔いしれてみよう。

DGMが好きな方はこんなチケットもおすすめ