伝統芸能は、成立した時代が異なるさまざまな芸能が多彩、多様に存在しており、それが現代まで継承されたものであるため、先人たちが積み上げてきた歴史の中で生み出された文明の集大成であるともいえる。「能」を一つとっても約600年もの歴史がある。この「能」には無駄を極力削ぎ落とした表現が多く、人間の心の本質をつかみとることができる。このような表現は世界の芸能でも見ることができない。これこそが日本の文化の真髄ではないだろうか。日本という国の特徴を凝縮した世界とも言える伝統芸能は、これからも守り伝えられるべきものである。あまり伝統芸能に馴染みのないという方も、それぞれの成り立ちを調べて実際の実演に触れることで、その土地の風土や歴史を知ることができるはずだ。ぜひ一度伝統芸能に触れることから始めてみてはいかがだろうか。

伝統芸能の日程

116人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

伝統芸能のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/25 00:00更新)

伝統芸能について

伝統芸能の魅力とは

伝統芸能は、日本に古くからあった芸術と技能の汎称で、大衆の教養や娯楽、儀式や祭事などを催す際に行事化されたもの。演劇、音楽、舞踊、演芸と大きく4つのジャンルに分類できる。

演劇には主に、能楽、文楽、歌舞伎、組踊などが挙げられ、これらは音楽と舞踊を基礎とした様式が特徴だ。音楽は、楽器も種類もさまざまで、古代から現代に至るまで多種多様な音楽があり、伝統音楽では三味線を用いたものが多い。舞踊は、日本舞踊とも呼ばれ、歌舞伎から生まれた歌舞伎舞踊や、上方舞などから派生し、舞台で見せる踊りとして洗練されてきた舞踊のこと。演芸は、落語、漫才、浪曲、手品、太神楽など、庶民的な寄席芸能の総称であり、そのルーツは古代の散楽、猿楽などとも言われている。

他にも日本各地には、地域ごとに継承されてきた民俗芸能が多様に存在し、その土地の風土や歴史を反映しているものが多く、地域文化の発展に大きな役割を果たしてきた。これらの伝統芸能の文化は、現代では直接的に理解できる方が減っていく一方ではあるが、日本人の言語や美意識、倫理観などすべての根底に流れているものであり、少しずつ変化しながらも今もなお生き続けているものなので、ぜひ一度古き良き時代の文化を肌で感じてみてはいかがだろうか。

伝統芸能が好きな方はこんなチケットもおすすめ