Def Tech(デフ・テック)は、2001年に結成した男性レゲエユニット。ハワイ出身のShenと、東京出身のMicroの2人組で活動している。2005年にCMで流れ注目を浴びた「My Way」は、ハワイアンな香りのするレゲエが新鮮で心地よい。この曲の収録アルバム「Def Tech」は、160万枚を超えるセールスを記録した。ハワイの海を感じる楽曲を、本人たち自ら「ジャワイアン・レゲエ(ジャパン+ハワイ+ジャマイカ)」として位置付けている。2007年に惜しまれながら解散するも、2010年に再結成を果たした。2017年の10月からは「Def Tech IAPANA Tour 2017」もスタートし、精力的に活動中だ。今後の活躍に期待したい。

Def Tech(デフテック)の日程

1,281人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Def Techのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/16 00:00更新)

Def Techについて

Def Techの魅力とは

Def Techは、2001年に結成された男性2人組レゲエユニット。名前の由来には、「超カッコいいテクニック」と「テクニックをひけらかさない」の二つの意味があるという。ハワイ出身のShenと東京出身のMicroで活動し、「ジャワイアン・レゲエ」という新しいジャンルを創り上げた。2005年にはインディーズアーティスト初となる、「NHK紅白歌合戦」に出場を果たす。2007年に音楽の方向性の違いから、惜しまれつつも解散。その3年後に「DefTech is back again」という文字とともに、ファン待望の再結成を宣言した。その後も「サマーソニック」出演や全国ツアーも敢行し、さらに人気を高めている。

彼らの登場によって日本の音楽シーンに既存するリズム感やヴォーカリズムは、根底から覆されたと言っても過言ではないだろう。生み出された楽曲はラップやレゲエミュージックの音楽的地位を間違いなく向上させたと言える。紡ぐ奇跡のハーモニーと透明なリリックは、水が流れるように観客の心を満たす。Def Techサウンドには欠かせないハイトーンラップと、次々に繰り出す言霊の勢いに観客が悪酔いしてしまわないのは、Def Techがもつ天才的なバランス感覚がそこにあるからだろう。

Def Tech(デフテック)が好きな方はこんなチケットもおすすめ