舞台 Defiled ディファイルド取扱中!Defiled(ディファイルド)はアメリカの劇作家リー・カルチェイムの作品である。図書館員のハリー・メンデルソンが図書館のデジタル化に反対し、建物を爆破しようと図書館に立てこもる。ハリーとの交渉のためにやってきたベテラン刑事ブライアン・ディッキーは巧みな話術でハリーを説得しようとする。この2人のみで行われる2人芝居である。日本でも翻訳され何度か舞台化までされている。今回のDefiledでは、ハリー役に人気アイドルグループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太が、ブライアン役には多くのドラマや映画に出演するベテラン俳優、勝村政信が務める。2人芝居の場合、個々の演技力が問われ、戸塚の力が試される。非常に楽しみな舞台だ。

舞台 Defiled ディファイルド

462人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Defiledのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/25 06:00更新)

Defiled(ディファイルド)について

Defiledの魅力とは

アメリカの劇作家リー・カルチェイムにより制作された舞台Defiled(ディファイルド)は、2000年5月、アメリカ、ロサンゼルスで初演された。初演時は、刑事コロンボでおなじみのピーター・フォークとテレビで活躍するジョン・アレキサンダーの2大スターによる競演がなされ、その脚本の完成度の高さで一躍話題になった。Defiledは勤務先の図書館のデジタル化に反対し、図書館に爆弾を仕掛けて立てこもる青年ハリー・メンデルソンと、青年を説得に来たベテラン刑事ブライアン・ディッキーとの心理戦を描く物語である。日本では2001年10月に初演され、2004年にはハリー役に人気俳優大沢たかお、ブライアン役に長塚京三を迎え、その演技力の高さから大きな話題を呼んだ。

Defiledの演者にとって難しいのは、登場人物がハリーとブライアンのみという、2人芝居という点だろう。演者が少ない分個々の演者に目が届き、演技力が問われる。今年のDefiledでは文才としても活躍する人気アイドルグループ「A.B.C-Z」の戸塚祥太がハリー役を務め、俳優として多くの作品に出演している勝村政信がブライアン役を務める。今注目のアイドルである戸塚にとっては、演者としての力を試す絶好の機会となるだろう。ぜひチケットを入手し、2人の迫真の演技をご覧いただきたい。

Defiled(ディファイルド)が好きな方はこんなチケットもおすすめ