「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」というノートは一大ブームを巻き起こした。「デスノート」は日本の少年漫画作品として日の目を見た。世界累計発行部数は3000万部を突破している。原作は大場つぐみ、作画は小畑健である。2003年12月から「週刊少年ジャンプ」で連載された。死神のノート「デスノート」は名前を書いた人間を死なせることができる。これを使い犯罪者を抹殺して理想の世界を目指す夜神月と、名探偵・Lたちによる戦いが描かれている。メディア展開も実写映画、スピンオフ映画「L change the WorLd」、小説「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」などの他にもアニメ、舞台、ゲーム、トレーディングカードなど幅広い。その内容と世界的な大ヒットのため多くの批評や社会的影響があった作品でもある。昨今、話題となっているのがデスノート ミュージカルである。

デスノートの日程

647人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

デスノートの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

デスノートのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

デスノートについて

デスノートの魅力とは

2003年から2006年まで連載された「デスノート」は原作・大場つぐみ、作画・小畑 健による少年漫画だ。ストーリーは秀才高校生の夜神 月(ライト)が、奇妙な黒いノートを拾うところから始まる。それは死神であるリュークが人間に拾わせるために落とした、デスノートだった。ノートの主人となった月は、自分の信じる「正義」による新世界を創ろうとする。こうして月は世界中の殺人者たちをデスノートを利用して殺害していき、その謎に満ちた死刑執行者を人々は「KIRA」と呼んだ。国際刑事警察機構はこの大量殺人事件を解決するため、全世界の警察を動かせる世界一の探偵・Lに調査を依頼する。果たしてKIRAは世界を変える救世主なのだろうか、それともデスノートに取り憑かれた殺人鬼なのだろうか。世界は彼らの間で揺れ動いていく…!

この漫画は12巻までの世界累計発行部数で、3000万部を突破する大ヒット作となった。さらには2006年には実写映画化されている。出演したのは藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、戸田恵梨香、藤村俊二などの豪華な俳優陣で話題となり、興行収入は前後編合わせて80億円を突破した。さらに2015年にミュージカルとして舞台化され、6月には韓国キャスト版でも上演された。2017年9月には舞台「デスノート」の再演が決定しており、また新たにデスノートの世界を堪能することができそうだ。

デスノートが好きな方はこんなチケットもおすすめ