DDTプロレスリング」とはインディープロレス団体で、東京都新宿区を本拠地として活動している。DDTの見所のひとつは、アメリカンプロレスを意識したというエンターテインメント性の極めて高い試合だろう。特に毎年恒例となった「路上プロレス」ではプロレス=リング上という常識を覆し、リング外のあらゆる環境で試合が繰り広げられる。2016年11月には「プロレスと音楽フェスの融合したイベント」が予定されておりカメレオBiSHDISH//筋肉少女帯ベッド・インの出演が決定している。更にはプロレスラーアイドル「NωA(ニューレスリングアイドル)」が誕生するなど、これからも予想を遥かに超えたアイディアでプロレス界を揺るがしてくれるに違いない。

DDTプロレスリングの日程

230人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DDTプロレスリングのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 18:00更新)

DDTプロレスリングについて

DDTプロレスリングの魅力とは

DDTプロレスリングとはDramatic Dream Teamの略で、文科系プロレス団体の先駆けであると言われているプロレス団体である。この由来は、漫画「1・2の三四郎2」に出てくる団体名「ドリーム・チーム」から来ているという。団体の代表取締役社長には、通称「大社長」で知られる高木三四郎 (高木規)が就任している。1997年に高木三四郎、野沢一茂(NOSAWA論外)、三上恭平(MIKAMI)の3名で旗揚げされた。アメリカンプロレスを意識したエンターテインメント性の多いプロレスを目指して活動されており、2017年には旗揚げ20周年を迎える。

DDT最大の特徴は、なんと言っても破格の「路上プロレス」だろう。普段から見慣れたリング上の戦いではなく、リングがない場所でもプロレスが行われるというもの。さらにはごく稀に、観客も攻撃に参加する場合もあるという。山梨県キャンプ場で行われる「キャンプ場プロレス」は毎回恒例となっており、更にはこれまで本屋や鉄工所、那須高原自然学校などあらゆる場所で試合が行われた。更にはマッスル坂井総監督による「劇場版プロレスキャノンボール2014」で映画界に進出し、人気プロレスラーはもちろん、引退したはずのベテランから駆け出しの新人までが総出演し大きな話題を呼んだ。

DDTプロレスリングが好きな方はこんなチケットもおすすめ