岸和田だんじり祭は江戸時代に生まれ、毎年大阪府岸和田市で開かれる祭である。岸和田では9月と10月に分かれ、だんじり祭が行われている。だんじり(地車)には緻密な彫刻が施されており、その重さは4トンにものぼるという。そのだんじりをおよそ500名で曳行する姿は迫力満点だ。町中が一体となって運営するこの祭は、人と人との繋がりの素晴らしさを思い出させてくれる。祭の見所は何と言っても迫力ある「やりまわし」であろう。曳行コースの曲がり角で方向転換する際に、走りながら直角に向きを変える様子は見応えがある。今年も情緒に溢れた古き良き日本を感じさせてくれるに違いない。岸和田だんじり祭の有料席で熱気につつまれた祭りを体感しよう!

岸和田だんじり祭りの日程

63人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

岸和田だんじり祭りの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

岸和田だんじり祭りのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

岸和田だんじり祭について

岸和田だんじり祭の魅力とは

岸和田だんじり祭は、大阪府岸和田市で毎年秋に行われる祭だ。起源は江戸時代にさかのぼり、まさに歴史と伝統に溢れた祭である。だんじりと呼ばれる地車は総欅造りとなっており、500人程度で曳行する。重さ4トンを超えるだんじりを走りながら操作するのは非常に難しく、それぞれの役割のタイミングを合わせる必要がある。そのため豪快な「やりまわし」が祭の醍醐味で、曳行コースで勢いあるまま方向転換する姿は圧巻だ。岸和田のだんじり祭の特長のひとつは、子どもからお年寄りまで各年齢層ごとに役割分担をした上で祭が運営されていることだ。鳴り物、綱先・綱中、綱元、前梃子、後梃子、大工方らの息のあった「やりまわし」は息を呑む迫力がある。青年団による鳴り物(お囃子)の音色や、大工方の華麗な舞にも注目しよう。

また、だんじりに施された彫刻も見所で、欅の木目を活かした作りとなっている。彫り物の種類は様々で、題材に取り上げられる物語は歌舞伎、人形浄瑠璃、講談などの演目が多いという。町民が一致団結し、伝統と芸術に溢れる地車を操る動きは必見だ。大阪府を代表する「岸和田だんじり祭」は、是非とも一度訪れてみてほしい祭のひとつである。

岸和田だんじり祭りが好きな方はこんなチケットもおすすめ