DANCE ALIVE HERO'S 2017取扱中!DANCE@LIVEは、世界最大級のストリートダンスバトルによる決勝大会。1on1形式を基本とし、ダンサーが1対1で曲に合わせて1ムーブずつ踊り合う。音楽はDJが流すのだが、ダンサーはどの音楽が流れるかを事前に知らされることはない。開催当初は、カテゴリーがハウスとヒップホップのみであった。しかし現在はダンススタイルごとに分かれたヒップホップ、ブレイク、ハウス、オールスタイルズの4スタイルに加え、中学生以下のオールスタイルズバトルであるキッズ、大学・専門学校対抗の3on3バトルとなっているライズ全6スタイルに分かれている。勝敗は、審査員による話し合いや挙手により決定。サークル予選でピックアップされた者がトーナメントへと勝ち進む。毎回熾烈を極めるこのバトル。2017年は一体誰が優勝するのか、乞うご期待。

DANCE ALIVE HERO'S 2017

66人が登録中

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

DANCE@LIVEのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(3/23 18:00更新)

DANCE@LIVEについて

DANCE@LIVEの魅力とは

2005年3月にスタートしたストリートダンスのバトルイベントDANCE@LIVE。2015年4月で10周年を迎えた大会だ。世界最大規模を誇るこの大会は、1on1対戦式のルールが特徴。現在は日本をはじめ、オーストラリアや中国、フランス、ドイツなど、15ヵ国で開催されており、世界中の者たちがダンスの腕前を競い合っている。

カテゴリーは6つのダンススタイルに分かれ、ヒップホップ、ブレイク、ハウス、オールスタイルズ、中学生以下のキッズ、3on3でおこなう大学・専門学校対抗のライズといったラインアップ。バトルの結果は、審査員による話し合い、あるいは挙手により決まる。サークル予選を通過した後、トーナメントを勝ち進むのだ。予選は全国各地で計85回近く開催。より多くポイントを獲得したダンサーが決勝へと駒を進めることができる。

日本では2005年に小さなクラブからスタートしたこの大会。2008年からは、毎年両国国技館で開催されている。年間3万人を超えるダンサーが参加しているほか、2014年には観客動員数も12000人を超えた。現在プロとして活躍しているたくさんのダンサーが、この大会で大きな結果を残している。ベテラン、若手、関係なし。誰もが日本の頂点を目指すことができる、ストリートダンスの祭典。誰が栄光を手にするのか、注目していただきたい。

DANCE@LIVEが好きな方はこんなチケットもおすすめ