シカゴ交響楽団」はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴを本拠地とするオーケストラ。「シカゴ交響楽団」の設立は1891年。アメリカ5大オーケストラの1つで、世界最高のオーケストラとして世界各地にファンがたくさんいる歴史あるオーケストラだ。2009年には、自主レーベルでリリースしたヴェルディのレクイエムでグラミー賞(クラシック部門最優秀賞)も受賞している。日本人指揮者が指揮したこともあり、朝比奈隆、井上道義、秋山和慶らが指揮している。2016/1/18、1/19には、東京文化会館にて日本公演を行う。指揮は、シカゴ交響楽団音楽監督、ウィーン・フィル名誉団員の現代を代表する巨匠、リッカルド・ムーティ。リッカルド・ムーティは2008年にシカゴ交響楽団の音楽監督就任が発表され、2010年から正式に音楽監督として活躍している。2016年日本公演では、ベートーベン、マーラー、チャイコフスキーらの作品を演奏する。

シカゴ交響楽団の日程

56人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

シカゴ交響楽団の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

シカゴ交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

シカゴ交響楽団について

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴを本拠地とする「シカゴ交響楽団」は1891年に設立されたアメリカ5大オーケストラの1つ。世界最高のオーケストラとして世界各地にファンがたくさん存在する。2009年には、自主レーベルでリリースしたヴェルディのレクイエムでグラミー賞(クラシック部門最優秀賞)も受賞している。 シカゴ交響楽団は日本人指揮者。朝比奈隆、井上道義、秋山和慶らが指揮している。2016/1/18、1/19には、7年ぶりとなる来日公演が決定。世界最高峰の音楽を楽しむチャンスだ。シカゴ交響楽団来日公演は、東京文化会館にて開催される。

指揮をするのはは、シカゴ交響楽団音楽監督、ウィーン・フィル名誉団員の現代を代表する巨匠、リッカルド・ムーティ。リッカルド・ムーティは2010年から正式に音楽監督として活躍している。就任直前の2009年に行ったコンサートでは、人気が加熱してチケットが入手困難に陥るという異例の事態となった。 2016年のシカゴ交響楽団日本公演では、ベートーベン交響曲 第5番 ハ短調op.67「運命」、マーラーの交響曲 第1番 ニ長調「巨人」 、プロコフィエフの交響曲 第1番 ニ長調op.25「古典交響曲」、ヒンデミットの弦楽と金管のための協奏音楽 op.50、チャイコフスキーの交響曲 第4番 ヘ短調 op36が演奏される。

世界最高峰のオーケストラの7年ぶり公演とあって、チケット入手は困難を極めそうだ。

シカゴ交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ