調布市花火大会は東京都調布市多摩川河川敷で毎年開催される花火大会である。1933年に日本煙火競技連盟と調布市観光協会の主催で始まったが周辺の住宅化事情により中止。その後1982年に調布市花火大会と名称を変更し復活した。日時は不定となっていて近年は8月の下旬と遅めの開催が多くなっている。最大を8号玉として毎年約8千発ほどの打ち上げが実施される。コンピューター制御されながら音楽に合わせてスターマインが打ち上がるハナビリュージョンや、打ち上げからフィナーレまで途切れなく打ち上げられるノンストップ打ちっぱなし、キャラクターを描いた花火やナイアガラなどの仕掛け花火など、調布市花火大会はプログラムも工夫され人気を博している。

調布市花火大会 2016の日程

144人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

調布市花火大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

調布市花火大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 06:00更新)

調布市花火大会について

調布市花火大会とは

周辺の住宅化事情により一時中止されていたが、その後1982年名称を変更し復活した調布市花火大会。
日時は不定となっていて、近年は8月の下旬と遅めの開催が多くなっている。関東地域では比較的珍しい直径約280mに及ぶ8号玉を含め、毎年約8千発ほどの打ち上げが実施される。
2008年から2010年までは多く1万2千発が打ち上げられた。打ち上げからフィナーレまで途切れなく打ち上げられるノンストップ打ちっぱなしやキャラクターを描いた花火、ナイアガラなどの仕掛け花火等プログラムも工夫され人気を博している。中でも目玉はコンピューター制御されながら音楽に合わせてスターマインが打ち上がるハナビリュージョンだ。
毎年約30万人の観客で賑わい、多摩川をバックに繰り広げられる絶景を楽しんでいる。観覧は無料ながらも有料の観賞席も販売されているので余裕を持って観賞したい人はこちらの購入がおススメ。もしふいに訪れることになった時や有料席が取れなかった場合は、ほぼ毎年無料で開放されているイトーヨーカドーの国領店屋上や上布田、下布田公園、神奈川県川崎市側の京王線高架下あたりが穴場スポットとなっている。事前のチェックも欠かさずに行きたいところだ。

調布市花火大会 2016が好きな方はこんなチケットもおすすめ