Crystal Kay Crystal Xmas取扱中!クリスタルケイ(Crystal Kay)は日本で活躍する女性歌手。1986年2月26日生まれ。アフリカ系アメリカ人のベーシストの父と在日朝鮮人のシンガーの母を持ち、その音楽的才能は小さな頃から発揮されていた。初仕事はCMソングを歌った4歳のときである。クリスタルケイ(Crystal Kay)は1997年7月「Eternal Memories」でデビュー。2005年4月、ドラマの主題歌となる「恋に落ちたら」が大ヒット、ツアー、ラジオ、CM,テレビ、舞台、映画など幅広く活動している。2015年には「オトナ女子」の挿入歌として使われた3年半ぶりの新曲「何度でも」を発売し大ヒットとなった。

Crystal Kay Crystal Xmas

286人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クリスタルケイのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/22 12:00更新)

クリスタルケイ(Crystal Kay)について

クリスタルケイ(Crystal Kay)の魅力とは

クリスタルケイは、アフリカ系アメリカ人のベーシストの父と在日朝鮮人のシンガーの母を持つ女性J-POP歌手。1986年2月26日生まれ、上智大学国際教養学部卒。小さな頃から音楽的才能を発揮し、4歳のときにCMソングを歌っている。

1997年7月、13歳にして「Eternal Memories」でデビュー。サントリーCMの「ビタミンウォーター」に起用された。2002年10月に発売した3rdアルバム「almost seventeen」は、オリコンチャート初登場2位、2003年、m-floのゲストボーカリストとしてシングルも出した。これまでに合計30枚以上のシングルを出している。

もともとパワフルな歌唱力に定評のあったクリスタルケイだが、当初のR&B路線から途中で大衆向けポップス路線への変更もはかっていく。2005年4月、ドラマの主題歌となる「恋に落ちたら」が大ヒット。ツアー、ラジオ、CM、テレビ、舞台、映画など幅広く活動している。2015年には「オトナ女子」の挿入歌として使われた3年半ぶりの新曲「何度でも」をリリース。今後の活躍からも目が離せない。

クリスタルケイ(Crystal Kay)が好きな方はこんなチケットもおすすめ