クラウドルー(盧廣仲)は台湾出身のシンガーソングライターだ。学生時代に事故による入院中にギターを始めたというクラウドルー。2008年にデビューを飾ると様々な場所へのゲリラライブツアーやドラック行脚ライブなどそれまでの常識を崩す活動を続け「音楽の鬼才」と評されている。鬼才といってもアグレッシブなスタイルではなく、聴く者をハッピーにさせる歌やしっとりと聴かせる歌など心地のいい歌声が持ち味だ。日常の何気ない題材をポップスにし、歌い上げ人気を博している。2016年には再来日し、東京都大阪の2都市ワンマンを開催。2015年のサマーソニック出演以来となるクラウドルー(盧廣仲)の日本ライブに期待が寄せられている。

クラウドルー(盧廣仲)の日程

25人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

クラウドルーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クラウドルーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

クラウドルー(盧廣仲)について

クラウドルー(盧廣仲)の魅力とは

台湾出身のシンガーソングライター クラウドルー(盧廣仲)。台湾において爆発的な人気を博し、日本でも着実にファンを増やしている。
2008年にデビューを飾ると幾多の場所にゲリラライブツアーやドラック行脚ライブなどそれまでの常識を崩す活動をしかけ続けた。その斬新なスタイルから「音楽の鬼才」と評されている。
クラウドルーの楽曲は、聴く者をハッピーにさせる歌やしっとりと聴かせる歌など心地のよさが持ち味だ。日常の何気ない題材をポップスにし、歌いあげ人気を博している。2009年には台湾のグラミー賞である第二十屆金曲獎において「最佳新人獎」、「最佳作曲人獎」を獲得した実力派である。
クラウドルーのもう一つの持ち味はなんといってもその風貌。おかっぱ頭と大きなメガネがトレードマークで、Tシャツ、短パンという着飾らないその自然体な雰囲気も親しまれている。
2016年には台湾アリーナを1万人のファンで埋め尽くし成功を納め、3年ぶりのアルバムとなる「What a Folk!!!!!!」をリリースし好評を博している。更に2016年には再来日し、東京都大阪の2都市を巡る初のワンマンライブを開催。2015年のサマーソニック以来となるクラウドルー(盧廣仲)の日本ライブに期待が寄せられている。

クラウドルー(盧廣仲)が好きな方はこんなチケットもおすすめ