クロックガールズは脚本家の江頭美智留が主宰の劇団である。2008年に江頭美智留がオリジナル脚本を発表する場を求めて結成された。江頭美智留の所属事務所が全面的なバックアップをおこない、増田有華、メイサツキ、中井出 健、清水ひとみ、矢原加奈子、池田 良などの出演を受けて舞台「結婚の条件」を上演。初公演にして1,400人を動員した。2009年に劇団員募集のオーディションの末に劇団として本格的な活動を開始した。クロックガールズのクロックとは英語ではなくフランス語。意味は「カリカリした」や「カリッとした」などで、コロッケの語源に当たる単語だ。クロックガールズは2017年9月に第15回目本公演「結婚の条件」が上演される。鈴木砂羽が初出演の上に初主演で送られる。旗揚げ時の作品でもあるこの舞台を見ればクロックガールズの良さが理解できるはずだ。

クロックガールズの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

クロックガールズについて

クロックガールズの魅力とは

フレッシュで温かい劇団・クロックガールズ。2008年に「ごくせん」や「1リットルの涙」などを手掛けた脚本家の江頭美智留が自らのオリジナル作品を公開する場所と定めて結成された。旗揚げ当初は江頭美智留の所属事務所が全面的なバックアップをおこない、増田有華、メイサツキ、中井出 健、清水ひとみ、矢原加奈子、池田 良などの出演を受けて「結婚の条件」を上演。初公演にして1,400人を動員した。2009年に劇団員募集のオーディションの末に劇団として本格的な活動を開始。

クロックガールズのクロックとは英語ではなくフランス語である。意味は「カリカリした」や「カリッとした」などで、コロッケの語源に当たる単語。故にカリカリとした女子たちが集まっている。「食える劇団」、「食える役者」を目指すという想いが込められているとのことだ。劇団名には全く関係ないが、男性団員も在籍している。近年の舞台作品では「コメディカルナイト」や「悪女たちのララバイ」などがある。

クロックガールズが好きな方はこんなチケットもおすすめ