テックハウスの次を担うジャンルとして世界的にも大きく羽ばたいているフィジットハウス。エレクトロ・フィジットシーンのその牽引役となるCrookersはイタリア・ミラノ出身であるフラとボットの2人からなるイタリアンエレクトロデュオ、DJ・プロデューサー。2003年から活動していたが最初に注目されたのはThe Chemical Brothers「Salmon Dance」のリミキサーに大抜擢された2007年。日本では「狂ッカーズ」と表記されることもあり、2008年の幕張メッセ「GAN-BAN NIGHT」においてチケットを手にした観客を魅了し、翌2009年のフジロックのレッド・マーキーステージにおいて大トリを務め、ここでもチケットを手に入れた観客は文字通り踊り狂った。またThe Chemical Brothersの他にもAC/DC、U2、Moby、AKON、 Armand Van Helden、Snoop Dogg、Tmbaland、Dusty Kid、Bonde Do Roleなど世界中の大物アーティストのリミックスを担当、発表するトラックが次々と高評価を得る。

Crookers(クロッカーズ)の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Crookers(クロッカーズ) について

サウンドとしてはテクノ・ハウス、ヒップホップやロックとあらゆる影響が垣間みられる。2012年に解散を宣言した後はフラが単独でこの名前をつかっている。

Crookers(クロッカーズ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ