クリープハイプとは、2001年から活動を開始する日本のロックバンド。どこか悲しげでありながらキャッチーなメロディ、そしてボーカルの独特なハイトーンボイスが話題となり人気を博す。ボーカルであり作詞作曲も手掛ける尾崎世界観のまさしくその独特な世界観に酔いしれる人は多く、実力も確か。そのため2013年には国民的アイドルSMAPの楽曲を手掛けるなどファン、業界関係者共に話題となる。2014年には所属事務所がバンド側に一切の情報を与えないままベストアルバムを作成することでも話題になる。その後バンドは事務所を移籍している。楽曲、歌のクオリティはとても高く、手掛ける曲の多くがタイアップに選ばれている。他アーティストのアルバムにもゲストアクトとして参加するなど多方面で人気となった。

クリープハイプの日程

8,725人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

SENDAI GIGS

茨城県民文化センター

ロームシアター京都他7会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クリープハイプのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 00:00更新)

クリープハイプについて

クリープハイプの魅力とは

クリープハイプとは他方面で活動を展開する日本のロックバンドである。ボーカル尾崎の作る曲が幅広い層から支持を受け、自身のバンドの作詞作曲、他アーティストへの楽曲提供、コラボレーションとさまざまな活躍を見せている。メンバーはボーカルであり作詞作曲、そして独特なハイトーンボイスを披露する尾崎世界観、ギターはひげを特徴とする小川幸慈、ベースは本名を明かしていない長谷川カオナシ、そしてドラムの小泉拓といった4人。

メジャーデビューとなるのは、2012年に発売されたアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」。デビュー後はCDリリースにライブ、さらには映画にも出演するなどいち音楽家以上の活躍を見せている。アーティスティックな活動をおこなう一方、SNSなどの情報社会に振り回される庶民的な一面も見せる。ボーカル尾崎は度々ツイッターなどで情報を漁り、自身に関する投稿を探す、いわゆるエゴサーチをすることがあり頭を悩ませている。

独特な世界観を持ちながら、他者と同じ部分を持つことで誰しもが共感できる歌詞を作ることができるのがバンドの魅力の一つでもある。はっきりとしたメッセージ性の強い曲を作る傍らでアーティスティックな考えも持ち合わせており、とにかくまずは曲を聴いてほしいと語っている。1曲聴くことでクリープハイプというバンドへと少し近づくことができるだろう。

クリープハイプが好きな方はこんなチケットもおすすめ