CREATURE CREATURE Death Is A Flower 2017:Conclusion取扱中!CREATURE CREATUREは、ロックバンド「DEAD END」のヴォーカリストMorrieが、Morrie名義のソロ活動とは異なる形で2006年に開始した新たなソロプロジェクトである。ソロプロジェクトとして開始したがサポートミュージシャンとして今までに、La'cryma ChristiのHIRO、The LEGENDARY SIX NINEのShinobu、黒夢の人時、ZIGZOのSakura、などそうそうたるメンツをむかえている。2006年7月に3枚同時にシングルを、8月に1stアルバム「Light&Lust」をリリース。12月には初のワンマンライブ「Light(光)&Lust(欲情)」が渋谷AXにて行われた。力強い歌声で、進化の過程を惜しみなく披露し続けるCREATURE CREATUREのチケットを入手しぜひライブに足を運んでいただきたい。

CREATURE CREATURE Death Is A Flower 2017:Conclusion

133人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

CREATURE CREATUREのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 06:00更新)

CREATURE CREATUREについて

CREATURE CREATUREの魅力とは

CREATURE CREATUREは、1980年代、DEAD ENDのシンガーとして日本の音楽シーンに登場以来、孤高のヴォーカリストとして数々のミュージシャンに今も影響を与え続けているMorrie主導のもと、2006年に活動を開始したプロジェクトである。2006年9月に発売された1stアルバム「Light&Lust」ではL'Arc〜en〜Cielのtetsuya、ex-The Mad Capsule MarketsのMinoruとコラボレイトし、かつての盟友である、You、Minato、真矢もゲストとしてアルバム制作に参加し話題を集めた。2009年には上海や武道館公演を含むライブ活動を精力的に展開し、2010年には2ndアルバム「INFERNO」をリリースした。2012年にはシングル2本、3rdアルバム「PHANTOMS」をリリース、全国9ヶ所11公演とCREATURE CREATUREとしての活躍を広げていった。

CREATURE CREATUREの音楽は複雑に絡み合う4つの楽器、一筋縄ではいかない難解なリズム、独特の響きを放つ音の重ね方とコード進行、そして変幻自在に艶のある声と詩的な歌詞を操る圧倒的な存在感を持ったMorrieの歌声からなる。それらは、彼のルーツとも言えるヘヴィメタルと幾多の音楽的要素を内包し、そのどれとも違うCREATURE CREATUREゆえの世界観を構築している。チケットを入手しぜひ会場でご覧いただきたい。

CREATURE CREATUREが好きな方はこんなチケットもおすすめ