Crazy Monsters 春の祭典 2018 東名阪TOUR取扱中!Crack6は2003年に千聖がスタートしたソロプロジェクトである。「In the Kingdom of the Moonlight」や「NICE IN LIP+L」などで知られるバンドPENICILLINの千聖がMSTRとして活動し、自主レーベルであるshelva recordsよりCDをリリースしている。PENICILLINはこれまでに1度も活動を休止しておらず、千聖はCrack6と並行し活動を続け、ソロプロジェクトでも同事務所のDUPLEX DEVELOPMENTS JAPANに所属している。2017年もベストアルバムのリリースやライブの開催など精力的に開催しており、Crack6の今後に期待が寄せられている。

Crazy Monsters 春の祭典 2018 東名阪TOUR

102人が登録中

あと10日 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Crack6の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Crack6のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/15 18:00更新)

Crack6について

Crack6の魅力とは

Crack6は人気バンドPENICILLINのギターを担当する千聖のソロプロジェクトだ。メンバーはMSTR(Vo.) 、SHIGE ROCKS(Gt.)、TENZIXX(Ba./Cho.)、JIRO 6(Dr.)の4人。PENICILLINでもプロデューサーを務める重盛美晴がSHIGE ROCKSとして参加し、ギターとプロデューサーを担当している。この千聖と重盛がメインメンバーとなっており、その他のメンバーは流動的だ。

2003年にDragon Ashの元メンバー IKUZONEをゲストに迎え、1stマキシシングル「ZION」をリリース。その後もシングル「Morpheus」、「Maneuver 6」、アルバム「Trinity」、「FIGHT WITHOUT FRONTIERS」をリリースし、2008年に一旦活動を休止する。2009年になるとプロジェクトをリニューアルし、ソロプロジェクトを再始動。Hybrid Music Projectをコンセプトに「Chocolate Monster」、「未来パラドックス」、「Loveless」など次々にリリースを重ねている。2017年6月には千聖 20周年を記念したベストアルバム「Can you Rock?!」をリリース。これを記念してインストア・アウトストア イベントを開催。今後もますます活躍を続けていくであろう彼らに注目だ。

Crack6(クラックシックス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ