「コインロッカー・ベイビーズ」は、芥川賞受賞作家 村上龍氏のベストセラー小説だ。 1970年代に社会問題にまで発展したコインロッカー幼児置き去り事件を題材に、コインロッカーで生まれた2人の兄弟(キクとハシ)が主人公となり展開される物語である。 2016年6月にはジャニーズのアイドルグループA.B.C-Zの橋本良亮、河合郁人のW主演で初めて舞台化されることも決定した。 脚本、演出は宝塚歌劇団の木村信司氏が担当し、ハシは橋本良亮、キクは河合郁人が演じることとなったが、もう一人のメイン人物美少女アネモネのキャストにも話題が集まっている。 村上氏のベストセラー作品の舞台化というだけでも話題性が十分だが、ジャニーズの人気グループメンバーのW主演ということで、この舞台のチケットは相当な倍率高騰が予想される状況だ。

コインロッカーベイビーズの日程

985人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

コインロッカーベイビーズの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

コインロッカーベイビーズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 18:00更新)

コインロッカーベイビーズについて

「コインロッカー・ベイビーズ」は、作家 村上龍氏の小説である。 実際に起こったコインロッカー幼児置き去り事件を題材に、コインロッカーに捨てられた2人の兄弟(キクとハシ)について描かれた物語だ。 村上氏独自の視点で社会や人間像がスピード感をもって描かれており、読み出すとその独特な世界観に引き込まれ抜け出せないような中毒性が人気で、ベストセラーとなった。 そして2016年6月には東京 赤坂ACTシアターで初めて舞台化されることが決定した。

主演はジャニーズのアイドルグループA.B.C-Z橋本良亮と河合郁人、脚本、演出は宝塚歌劇団の木村信司氏が担当する。 今回両者のW主演となり、舞台版では東京で人気歌手になるハシ役に橋本良亮、世界を壊すための物質を探すキク役に河合郁人が決定している。 毒々しくもあり、最後には清々しさが残るような、一言ではとても言い表せないという感想の多い難しい話であるが、それをどう舞台で表現していくのか、またこの二人がどう演じるのか、今から大変話題となっている。 芥川賞受賞作家 村上龍氏のベストセラー小説の舞台化、A.B.C-ZメンバーW主演ということで注目度が高く、このチケットは申込みが殺到すること間違いない。

コインロッカーベイビーズが好きな方はこんなチケットもおすすめ