MUM&GYPSY マームとジプシー IL MIO TEMPO わたしの時間取扱中!マームとジプシーは、劇作家であり演出家の「藤田貴大」主宰の演劇団体である。2007年に演劇団体として設立され、同年の公演作品「スープも枯れた」にて旗揚げされた。一般的な劇団と異なり、俳優やスタッフの固定やカンパニー化はせずに、作品ごとに出演者とスタッフを招集し活動している。実質的には、ほぼ同じメンバーで活動することが多い。2012年からは、およそ2ヶ月に1回のペースで演劇作品を発表し続けており、その驚異的なスピードに注目が集まっている。作品の中で、象徴的なシーンをいくつもの角度から、何度も繰り返し見せる「リフレイン」という手法が特徴的とされ、さらにはリフレインを別の角度から見せる新手法も取り入れ、好評を博している。

MUM&GYPSY マームとジプシー IL MIO TEMPO わたしの時間

87人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

マームとジプシーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マームとジプシーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 06:00更新)

マームとジプシーについて

マームとジプシーの魅力とは

マームとジプシーは、2007年に設立・旗揚げされた演劇団体である。主催は劇作家であり演出家として知られる「藤田貴大」である。藤田貴大は、1985年4月27日生まれで、北海道伊達市出身である。10歳の時から地元の市民劇団の子役として活動しており、高校在学中には自身の演出作品が「全国高等学校演劇大会」でベスト4を受賞するなど、才能を開花させ始めていた。大学は桜美林大学文学部総合文化学科に進学し、大学4年生の時(2007年)に「マームとジプシー」を旗揚げしている。マームとジプシーでは、一般的な劇団のように俳優やスタッフの固定やカンパニー化は行なっておらず、毎回作品ごとに出演者とスタッフを招集し創作活動に当たっている。また、作品の公開スピードも驚異的であり、2012年以降はおよそ2ヶ月に1本のペースで演劇作品を発表し続けている。そして最大の特徴はその作風にあると言われており、映画などで採用される、象徴的なシーンをいくつもの角度から、何度も繰り返し見せる「リフレイン」という手法を活用することで話題を呼んでいる。昨今では、数々のコンクールで受賞したり、ノミネートされたりしており、演劇団体として評価され続けている。

マームとジプシーが好きな方はこんなチケットもおすすめ