CLUB SEVEN ZERO取扱中!作、演出、振付と舞台に対する様々な才能を持つ玉野和紀を中心として、初演時から爆発的な人気を誇っていた総合エンターテイメントショーCLUB SEVEN(クラブセブン)が「CLUB SEVEN -ZERO-」として新しい要素を加え、東京・シアタークリエにて上演される。出演者には玉野をはじめ、吉野圭吾、東山義久、西村直人と、そうそうたるメンツが名を連ね、この4人が「CLUB SEVEN」の舞台に集まるのは2011年の公演以来となり、以前からのファンにとってはたまらない作品になること間違いないだろう。ダンスあり、タップあり、コントあり、ミュージカルありの、なんでもありのエンターテイメントショーをチケットを入手しぜひご覧いただきたい。

CLUB SEVEN ZERO

190人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クラブセブンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(1/18 12:00更新)

CLUB SEVENについて

CLUB SEVENの魅力とは

CLUB SEVENは日本におけるタップダンサーの第1人者として活躍し、ミュージカルやショー、ライブなど様々な舞台に出演している玉野和紀(たまの かずのり)が創設した最高の総合エンターテイメントショーである。総合エンターテイメントというだけあり、舞台上ではダンス、タップ、コント、ミュージカル、コンサート、など多彩な表現が織り交ぜられており、大爆笑の展開もあれば、シリアスな展開もありと誰もが楽しめるように施されている。このようなことから、CLUB SEVENの舞台ではメンバー1人1人の才能と個性が思う存分に引き出されており、彼らの得意ジャンルから意外な面まで垣間見え、毎回非常に完成度の高い作品となっている。このショーの脚本・構成・演出・振付は全て創設者の玉野が担当しており、毎回想像を超えた面白さ、楽しさ、感動を私達に届けてくれる。いかに彼の才能が非凡であるかがうかがえるだろう。そんなCLUB SEVENが「CLUB SEVEN -ZERO-」として新しくなって帰ってきた。チケットはソールドアウト必須。チケットキャンプを活用しぜひ会場に足を運んでいただきたい。

CLUB SEVENが好きな方はこんなチケットもおすすめ