club EARTHは、当時若干20歳だったSEKAI NO OWARIの4人のメンバーが東京の大鳥居に作ったライブハウス。夜はステージになり、それ以外の時間は4人の共同生活の場所として使うようになった。SEKAI NO OWARI(世界の終わり)は、Fukase、Nakajin、Saori、DJ LOVEから成る4人組のロックバンド。2010年にインディーズデビューし、2011年にメジャーデビュー。デビュー3ヶ月で武道館チケットソールドアウトとするなど世代を問わず人気を集めている。2017年6月にはclub EARTHの設立10周10周年を記念して東京・新木場STUDIO COASTでイベントが開催される。

club EARTH(クラブアース)の日程

695人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

club EARTHの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

club EARTHのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/23 18:00更新)

club EARTHについて

club EARTHの魅力とは

club EARTHはセカオワの愛称で親しまれる国民的バンドSEKAI NO OWARIが大鳥居駅近くに作ったライブハウスである。同バンドのボーカル、Fukaseが仲間が集まることができる場所を作りたいという思いで、現ライブハウスの場所を借りた。住み込みで自分たちで防音を施したり、壁を塗ったりして、当時のメンバー3人で合計600万円の借金をして作り上げた。またデビュー前はメンバーは共同生活を送っていた場所でもある。楽曲制作、ライブに向けてのリハーサル、ライブなどが全てここでおこなわれてきた。

ここを原点に成長を続けた彼らは、デビュー後すぐの武道館のチケットをソールドアウトさせてから、その後のアリーナツアーを含む全てのツアーでチケットをソールドアウトさせるという驚異的な活躍を見せている。またセルフプロデュースで野外ワンマンフェスティバルを開催し、3日間で約6万人動員をした。現在は日本だけではなく世界中に活動範囲を広げている。そんな彼らの今後の活躍が楽しみだ。

なおclub EARTHは、現在不定期のライブハウスやイベントスペースとなっている。今後はファンが訪れることができるような場所になる予定である。

club EARTH(クラブアース)が好きな方はこんなチケットもおすすめ