クロード・ルルーシュはフランス出身の映画監督である。1960年に初の長編「Le propre de l'homme」を撮るが、評論家からは酷評され、興行的にも惨敗した。その後もしばらく作品を発表しても鳴かず飛ばずという時期が続いたが、1966年の「男と女」はでカンヌ国際映画祭パルム・ドールとアカデミー外国語映画賞を受賞し、一流監督の仲間入りを果たした。2016年9月に大阪と東京で開催される「クロード・ルルーシュ・イン・コンサート!」ではクロード・ルルーシュがこれまでに手がけた傑作映画17作品のハイライトシーンをオムニバス的に新たに再編集した、このコンサートだけの全く新しい映像作品が上映されるとあって話題を呼んでいる。

クロードルルーシュの日程

11人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

クロードルルーシュの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クロードルルーシュのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

クロード・ルルーシュについて

クロード・ルルーシュの魅力とは

クロード・ルルーシュはフランス出身の映画監督である。1960年に初の長編「Le propre de l'homme」を撮るが、「クロード・ルルーシュという名を覚えておくといい。もう二度と聞くことはないだろうから」と書かれ評論家からは酷評され、興行的にも惨敗した。その後もしばらく作品を発表しても鳴かず飛ばずという時期が続いたが、1966年の「男と女」はでカンヌ国際映画祭パルム・ドールとアカデミー外国語映画賞を受賞し、一流監督の仲間入りを果たした。

「男と女」をはじめ、映画音楽を1970年にアカデミー作曲賞受賞の経歴をもつフランシス・レイがおこなっており、哀愁漂うスコアはクロードルルーシュの作品をより深みのあるものとしている。まさに名コンビといえるだろう。

そんな名コンビが手がけた名作の数々がフルオーケストラの演奏と共に甦る。総勢60人の壮大なオーケストラ、バンド、歌手の生演奏とともに、これまでに手がけた傑作映画17作品のハイライトシーンをオムニバス的に新たに再編集した、このコンサートだけの全く新しい映像作品が上映される。
2014年9月にフランスの国民的一大文化イベントとして開催され、世界中から絶賛されたもの。再演が望まれながらも不可能とされていた幻のプロジェクトが、2016年9月、遂に日本で実現する運びとなった。フランス映画界のゴールデン・コンビによる、まさにベスト・オブ・ベストな映像作品と、オーケスオラの生演奏が、今秋、東京・大阪をパリ色に染める!!

クロードルルーシュが好きな方はこんなチケットもおすすめ