クラムボンは1999年デビューの男女3人組バンド。浮遊感のある少し湿った温かみのあるボーカルと3ピースとは思えない多面的な演奏が織りなす世界に根強いファンが多い。ジャンルをひとくくりには出来ない彼らのアレンジはクラムボン独自の世界観をさらに深めている。自由でいて、自然体。良質な音の間にたゆとう、彼らの流されない音楽性は進化しながら、確固たる世界を作り上げている。一度聴いたら耳に離れないようなメロディーラインを描きながら、奥深く聴くと一癖も二癖もある、クラムボンはそんな魅力的なバンドです。ポップスに、テレビ番組くらいでしか触れないようなライト・リスナー層から、音楽ファンにまで幅広くお勧めできるバンドです。女性ボーカルのポップなミュージシャンをお探しの方、要チェックです。

クラムボンの日程

556人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

clammbonのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/6 00:00更新)

クラムボンについて

音楽性が魅力!クラムボンのライブの魅力を徹底紹介

クラムボンは、1996年に結成された3人のバンドです。Clammbonは、同じ専門学校に通っていたメンバー3人が、授業内の演奏会の為、一時的にバンドを結成した事が始まりと言われています。

その後、学校の授業の演奏会終了後も、引き続き同じメンバーでオリジナル曲を作り始めてライブ活動やチケット販売を始めるようになり、インディーズよりミニアルバムをリリースしました。1999年にメジャーデビューをすると、初のワンマンライブを行い、ファーストアルバムリリース後はツアーをスタートし、主要都市でライブを行いました。翌年2000年 2月、JR東日本のCMに起用されると、これ以降知名度を一気に上げて行くこととなり、全国のFM局や音楽専門チャンネルで流されるようになります。

日比谷野外音楽堂でワンマンライブを行うなど、ライブ活動も積極的に行うようになり、初めてフジロックフェスティバルにも出演し、ファンを増やしました。その後も様々なサマーフェスティバルに参加し、ユニークなオールナイトイベントなども行っています。

2007年にはクラムボン主催のイベントにて、アメリカ出身のロックバンド「ヨ・ラ・テンゴ」と共演を果たして大きな話題となり、その後の日比谷野外音楽堂でのライブチケットは発売後3分で完売しました。両国国技館ではワンマンライブを開催し、増々活躍の場を広げています。

ボーカル、ピアノを担当する原田郁子のふんわりした雰囲気に、女性ファンが多いのもクラムボンのライブの特徴です。

クラムボンが好きな方はこんなチケットもおすすめ