シルクドゥソレイユ キュリオス 東京公演取扱中!「ダイハツ キュリオス」はシルク・ドゥ・ソレイユの作品である。シルク・ドゥ・ソレイユの人間の限界に迫ったパフォーマンスと、大掛かりなセットによる世界観を日本で観られるステージだ。2007年の「ダイハツ ドラリオン」から始まり、2016年の「ダイハツ トーテム」と、これまで全6作品が公演されてきた。このシリーズの次なる作品となる「キュリオス」とは好奇心が強いことを意味しており、その名の通り好奇心をそそるような珍しい、不思議な、奇異な内容となっている。シルク・ドゥ・ソレイユの創設30周年を記念して制作された作品だ。19世紀の産業革命で未来への期待が膨らんでいた頃。目には見えない世界が存在していると信じている主人公シーカーが、間に合わせで作った機械の世界へと踏み出すことから始まる物語。これまで以上に目を奪う圧倒的なパフォーマンスに期待しよう。

シルクドゥソレイユ キュリオス 東京公演

4,084人が登録中

すべての公演 出品中 (0) リクエスト中 (0)

もっと見る(83件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

シルクドソレイユ キュリオスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

シルクドソレイユ キュリオスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/25 06:00更新)

ダイハツ キュリオスについて

ダイハツ キュリオスの魅力とは

世界で夢の舞台を作り上げるシルク・ドゥ・ソレイユによる作品「ダイハツ キュリオス」。この作品はシルク・ドゥ・ソレイユが持つ非現実的な動きに合った、風変わりな世界が舞台となる。それは不思議で珍しく、作品名の通り好奇心をくすぐるものとなるだろう。副題の「Cabinet of Curiosities」はさまざまな珍品を集めた博物展示室のこと。15世紀に貴族の間で始められたものであり、それが学者や文人にも広がっていった。そんな好奇心の塊である展示物たちがこの作品には大きく関わっている。

珍しいものに囲まれて非現実な夢を描いたならば、現実には有り得ない世界が広がっていることだろう。そのこの世に見えない世界があると信じる主人公シーカーがどのような世界を見て、どのようなキャラクターたちと出会うことになるのか…そしてそれを見る観客の心にどのような想像をもたらすのか。是非ともその目で確認してほしい。

新たな夢の舞台は、2018年の2月に公開される。ただのファンタジーでは物足りないと感じているならば、この作品で刺激を受けるといいだろう。シルク・ドゥ・ソレイユの魅せる不可思議な幻想は人生の大きな出会いとなるはずだ。

シルクドソレイユ(キュリオス)が好きな方はこんなチケットもおすすめ