クリスチャン・スコット(Christian Scott)は、新世代ジャズシーンのフロントランナーとして注目を集めるルイジアナ州ニューオリンズ出身のトランペット奏者だ。2006年に発表したデビューアルバム「リワインド・ザット」では、伝統的なジャズのアプローチにヒップホップ、R&Bの要素を取り入れたサウンドを披露。ジャズチャート13位を記録するとともにグラミー賞にもノミネートされた。ジャズ界の巨匠マッコイ・タイナーをはじめプリンス、マーカス・ミラー、エディー・パルミエリ、モス・デフ、トム・ヨーク、ソランジュなど様々なジャンルのアーティストと共演を重ねている。2017年10月には、昨年に続き来日公演を行うことが決定した。ニューエイジのカリスマ・トランペッターとして、次代をリードするクリスチャン・スコットのライブは見逃せない。

クリスチャンスコットの日程

5人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

クリスチャンスコットの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

クリスチャンスコットのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

クリスチャンスコットについて

クリスチャンスコットの魅力とは

マルディグラ・インディアンの子孫としてニューオリンズに生まれたクリスチャン・スコット(Christian Scott)は、叔父である実力派アルト・サックス奏者ドナルド・ハリソンの影響により12歳でトランペットを始める。バークリー音楽大学卒業後、2006年にコンコードと契約を結び、アルバム「リワインド・ザット」でメジャーデビュー。オーセンティックなジャズにヒップホップやロックなどの要素をクロスオーバーさせた斬新なアプローチで、新世代のジャズ界を牽引するフロントマンとして注目を集めた。自身のユニットによるライブ活動やアルバム制作と並行して、プリンスやマーカス・ミラー、トム・ヨークなど他ジャンルのアーティストとも共演。自らの音楽に大胆な革新性と複雑性を導入するアグレッシブなスタイルが、ジャズファンのみならず多くの音楽ファンの熱い視線を浴びている。2016年のハロウィンシーズンには、ローレンス・フィールズ(Pf.)、アレックス・クラフィー(Ba.)、コーリー・フォンヴィル(Dr.)を引き連れて来日公演を行い、満員のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ。2017年10月には再びスリリングなライブ演奏を聴くチャンスが訪れる。新時代のジャズの熱い息吹を心ゆくまで味わってほしい。

クリスチャンスコットが好きな方はこんなチケットもおすすめ