全日本合唱コンクール全国大会とは、毎年開催されている全国規模の合唱大会である。本大会は社団法人全日本合唱連盟と朝日新聞社によって主催されており、NHK全国学校音楽コンクールと並ぶ2大コンクールとして名を馳せている。1948年に行われた第1回大会では、「学生」「職場」「一般」の3部門で争われた。1991年には中学校部門が新設され、現在は「中学校」「高等学校」「大学・職場・一般」という構成で分けられている。合唱コンクールのチケットは毎年競争率が高いことで有名だ。当日券は販売されない、もしくは予約不可能であるため更なる争奪戦となることが予想される。全国の強豪合唱団が一堂に会すこの全日本合唱コンクールは必見だ。

全日本合唱コンクール全国大会の日程

235人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

全日本合唱コンクール全国大会の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

全日本合唱コンクール全国大会のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

全日本合唱コンクール全国大会について

全日本合唱コンクール全国大会の魅力とは

全日本合唱コンクール全国大会は、NHK全国学校音楽コンクール(Nコン)と並ぶ大会だ。朝コンや連盟と呼ばれることが多く、大会は「中学校」「高等学校」「大学・職場・一般」の3部門で構成されている。中学校部門には混声合唱の部と同声合唱の部が存在し、出場団体は自由曲を演奏する。高等学校部門にはAグループ(32人以下)とBグループ(33人以上)が存在し、中学校部門とは異なり課題曲を1曲選ぶ必要がある。大学・職場・一般部門では「大学ユース合唱の部」「室内合唱の部」「混声合唱の部」「同声合唱の部」が存在し、同一合唱団はいずれか1つの部門を選んで出場する。また指揮者、伴奏者、独唱者に関しては出演資格を問わないため、プロの音楽家を招聘することも許されている。

自由曲の規定は8分00秒(中学校部門)、6分30秒(高等学校部門)、8分30秒(大学・職場・一般部門)に以内に規定されている。各団体の演奏時間はきっちりと定められているため、1秒でも超過した場合は審査の対象から除外されてしまう。全国大会の審査は「新増沢式採点法」で行われ、優秀な成績を収めた団体には金・銀・銅の各省の他に、「文部科学大臣賞」「厚生労働大臣賞」「日本放送協会賞」などの特別賞が贈られる。全国から集まった各団体の熱い戦いは、是非とも会場で見届けて欲しい。

全日本合唱コンクール全国大会が好きな方はこんなチケットもおすすめ