チェ・ウヒョクは、韓国の俳優。1993年に子役としてあの島へ行きたい』でデビュー。2000年に出演した「秋の童話」(KBS)でソン・スンホンの子役として人気を博した。プロボクサーも目指していた経歴の持ち主だが、進路に悩んで2002年の映画「品行ゼロ」ドラマ「ガラスの靴」を最後に一度演技の道から離れる。その後大学進学、兵役を経て「千秋太后」で復帰した。チェ・ウヒョクは韓国の大ヒットミュージカルである『フランケンシュタイン』の主演を候補者1000人の中からオーディションで勝ち取り、ミュージカル初出演を果たす。2016年3月15日には、日本での初来日となる渋谷区文化総合センターで大和田でチェ・ウヒョク コンサートが予定されている。

チェ・ウヒョクの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

チェ・ウヒョクの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

チェ・ウヒョクのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

チェ・ウヒョク について

チェ・ウヒョク の魅力とは

チェ・ウヒョクは、韓国の俳優。幼い頃にスカウトされ、モデル活動を行っていたが1993年に子役としてあの島へ行きたい』でスクリーンデビュー。2000年に出演した「秋の童話」(KBS)でソン・スンホンの子役として知名度を上げた。プロボクサーも目指していた経歴の持ち主だが、進路に悩んで2002年の映画「品行ゼロ」ドラマ「ガラスの靴」を最後に一度演技の道から離れる。その後大学進学を経て再び演技の道を志す。演技に集中するため、大学1年の後に兵役を務め、韓国ドラマ「千秋太后」で復帰。

イギリスの小説をもとにした「フランケンシュタイン」 に医師から怪物へと変貌するアンリ・ディプレ役で出演。日本でも「フランケンシュタイン」は上演されているが、韓国版の「フランケンシュタイン」とは構成が全く異なる別の舞台である。韓国版は主要人物全員がジキルとハイドのような二面性を持つという演出が話題となっており、2014年に初演され大ヒット。チェ・ウヒョクは1000人もの応募者の中から勝ち取り2015年版から出演している。

日本でのチェ・ウヒョクの活動としては2016年3月15日に渋谷区文化総合センターで大和田でのチェ・ウヒョク コンサートが予定されており、初来日公演となる。

チェ・ウヒョクが好きな方はこんなチケットもおすすめ