2017年度アカデミー賞最有力作品となっているのが、この映画「沈黙 サイレンス」だ。自身がカトリック教徒であり、「キリスト」をテーマに多くの作品を世に送り出した小説家の遠藤周作。そんな彼によって描かれた今作は、キリスト教文学の最高峰作品であるともいえよう。日本を舞台にしたハリウッド作品は、日本人ならば是非見ておきたいところ。主役となる宣教師の弟子、ロドリゴ役には、「アメイジング・スパイダーマン」のピーター・パーカー役などでお馴染みのアンドリューガーフィールドが抜擢された。日本×ハリウッドだからこそ生み出せる独特かつ精巧な世界観と、豪華キャストの融合は、是非劇場の迫力とともに堪能して頂きたいところだ。

沈黙 サイレンスの日程

93人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

オペラ 沈黙の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

オペラ 沈黙のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/29 12:00更新)

映画「沈黙 サイレンス」とは

映画「沈黙 サイレンス」について

「沈黙 サイレンス」とは、「深い河」や「おバカさん」などを残した小説家・遠藤周作による歴史小説、およびそれを原作とした歴史ドラマ映画のことである。

敬虔なカトリック教徒である監督のマーティン・スコセッシが、キリストをテーマにした原作小説に深い感銘を受け、28年間にも及ぶ構想を経て、ハリウッド映画として再び世に出されることとなった。「なぜ弱き我らが苦しむのか」という問いのもとで、弱者・格差・信念など人類普遍のテーマが掲げられている今作では、キリスト教弾圧が行われていた江戸初期の長崎が舞台となる。

日本の史実や歴史文書を基に描かれているこの作品は、時代考証や美術を日本人が手がけている。そのため作り上げられた映像はリアリティが増した一作となっている。

出演するのは、隠れキリシタンのキチジロー役に窪塚洋介、キリシタンたちに棄教を迫る通辞(通訳)役に浅野忠信。その他にも、キリシタンの村人役として加瀬 亮、さらに窪塚とともにハリウッドデビューとなる小松菜奈など、各世代の話題の人物ばかりが集められた。2017年度のアカデミー賞最有力作品と言われているこの作品、映画好きならば絶対に見ておきたいところだ。

沈黙 サイレンスが好きな方はこんなチケットもおすすめ