チックコリア(Chick Corea)は、マサチューセッツ州チェルシー出身のジャズピアニストだ。1968年にマイルス・デイビスのグループに加入し、エレクトリック・ジャズの金字塔的作品「インアサイレントウェイ」「ビッチェズブリュー」で圧倒的なテクニックを披露し、注目を集める。1972年にはリターントゥフォーエヴァーを結成。アルバム「リターントゥフォーエヴァー」「ライトアズ ア フェザー」など、1970年代のジャズ・フュージョン界を代表する作品を発表し、トップアーティストの地位を確かなものにした。ジャズをベースにロック・ラテン・クラシックなど多様な要素を取り入れた楽曲と音楽センスで、半世紀にわたりジャズ界を牽引してきたチックコリアのライブを楽しんでほしい。

チックコリア(Chick Corea)の日程

75人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

チックコリアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/21 12:00更新)

チックコリア(Chick Corea)について

チックコリア(Chick Corea)の魅力とは

1972年にサックスのジョーファレル(Sax./Fl.)、スタンリークラーク(Ba.)らとスーパーグループ「リターントゥフォーエヴァー」を結成し、クロスオーバー&フュージョンブームの先駆けとなった天才ピアニスト、チックコリア。アルバム「リターントゥフォーエヴァー」は、エレクトリック楽器を縦横に駆使したハードビートと美しく爽やかな旋律で、ジャズフュージョン界に大きな影響を与えた。

1980年代後半から1990年代半ばにかけては「エレクトリックバンド」と「アコースティックバンド」を同時に率いて活動。アコースティックピアノとエレクトリックキーボードの両方で意慾的な演奏活動を展開。また、ゲイリーバートンやハービーハンコックとのデュオ、キースジャレットとの競演など、精力的にコラボレーションを行い、注目を集めた。

これまで度々来日公演を開催。なかでも上原ひろみとのピアノデュオ公演ではスリリングなピアノ連弾を繰り広げ、ファンを魅了した。2017年8月にはドラムの神様、スティーヴ・ガッドと結成した「ザ コリア/ガッドバンド」を率いて来日公演を行う。革新的なジャズのクリエイターとして、半世紀にわたり最前線で活躍するチックコリアの生ライブは聴き逃せない。

チックコリア(Chick Corea)が好きな方はこんなチケットもおすすめ