バレエ シャンブルウエスト」は1989年に創設された東京八王子市にあるバレエ団である。元々は「ユースバレエ シャンブルウエスト」という名称であったが1999年に現在の名前に改名している。日本を代表するプリンシパルダンサー、プリマバレリーナとして知られる今村博明、川口ゆり子夫妻により設立され、バレエの次世代を担う若手の育成などを目的に活動を重ねている。古典全幕バレエを制作、発表し舞踏評論家から高い評価を得ている。近代バレエ史上初の14日間連続公演や自動演奏楽器での公演など新しいことにも次々と挑戦。芸術祭大賞も受賞しロシア国立ボリショイ劇場での海外公演も実施している。「バレエ シャンブルウエスト」は創作バレエにも意欲的に取り組んでいる。

バレエ シャンブルウエストの日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

シャンブルウエストの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

シャンブルウエストのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 06:00更新)

バレエ シャンブルウエストについて

バレエ シャンブルウエストの魅力とは

100回の練習よりも1回の舞台と言われるバレエにおいて若手に舞台を踏ませたいという思いで設立したと川口ゆり子は語る。気軽に東京へ出ることの出来ない子供たちのいた八王子に川口ゆりこバレエスクールを設立。これが母体となりユースバレエ・シャンブルウエスト創立。バレエ シャンブルウエストに改名後も意欲的に活動している。

シャンブルはフランス語で部屋を意味し、ウェストは西、これは東京の西にある八王子を差している。福井美弥子や宮浦久美子、永井とも子など有名なダンサーも数多く輩出しバレエ界に大きく貢献している。羽衣伝説をモチーフにした「天上の詩」やかぐや姫を舞台にした「LUNA」など数々の創作バレエの制作にも意欲的に取り組んでいる。バレエは西洋のものであるが故に背伸びをせざるを得ない状況で海外での公演で「白鳥の湖」というわけにいかないという日本バレエ団なりの悩みが元になっている。
この日本独自のの創作バレエは海外でとても好評でロシアの公演でも高い評価を得ている。山梨県で開催した「清里フィールドバレエ」では野外公演ということで舞台のコンディション維持に苦労していた。どうしても露などで濡れてしまう舞台の下にボイラーを入れて炊くことを発案しこれが大成功を収めている。

バレエ シャンブルウエストが好きな方はこんなチケットもおすすめ