日本センチュリー交響楽団とは2014年に創立25周年となる歴史的なオーケストラである。既存のオーケストラの先を行く挑戦を実践しており、国内外問わず活躍している新しい形のオーケストラになろうとしている。始まりは1989年。当時の指揮者ウリエル・セガルを始めとするメンバーで設立し、同年に楽団員を集め発足される。定期演奏会を始め数々の公演を実施。1992年には楽団初となるCDのリリースなど実力人気ともにじっくりと高めていく。同時に名のある賞の受賞も果たしており1つのオーケストラとしては高い功績を上げるに至る。プロのオーケストラとして高い実力と人気を誇る一方で財政的困難に直面することも。その危機を乗り越えて新たなジャンルや形態へのチャレンジが見えるのも本オーケストラが注目される要因の1つである。

日本センチュリー交響楽団の日程

52人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

日本センチュリー交響楽団のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 06:00更新)

日本センチュリー交響楽団について

日本センチュリー交響楽団の魅力とは

日本センチュリー交響楽団は、1989年から活動をスタート。翌年に鮮烈なデビューを飾った大阪を拠点にするプロのオーケストラである。楽団は4つの理念を大事にしており、伝統と格式の中これまで確かな実力と人気を保持してきた。理念には地域の発展、優れた音楽性そして平和など多彩な心情が盛り込まれており、演奏1つにしても高いこだわりを持っているのが感じられる。

そしてオーケストラとして、時代が進むにつれ古典的なものに捕われない、新しい試みも実施しており1つの音楽として未来へ視点を向けている面も人気の1つである。2015年には芸術家をその土地に一定期間滞在させ、作品制作に取り掛からせる「アーティスト・イン・レジデンス」を実施。これはオーケストラとしては初めての試みである。さらに体感型コンサートと銘打った「タッチ・ザ・オーケストラ」など、これまでのオーケストラの常識を覆す企画の数々を実施している。それこそが、本オーケストラの理念に値し新たな世界への道しるべとなっている。1993年には大阪府民劇場奨励賞を、その2年後には大阪舞台芸術賞を受賞するなど多くの功績を残している。活動はもはやオーケストラの域を超えているが、それこそが先の世を見据えた新たな活動となる。音楽への飽くなき探求はまだまだ終わることはない。

日本センチュリー交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ