鮎川麻弥とは、1984年から活動しているシンガーソングライター。既に30年以上の経歴を持つベテランアーティストとして知る人ぞ知る活躍をこなしており、特に記憶に残るのはデビュー曲であるテレビアニメ「重戦機エルガイム」のテーマソング「風のノー・リプライ」や同じくテレビアニメのテーマソングである「Z・刻をこえて」。活動当初のアニメソングで数多くのファンを虜にしてきた彼女だが、歌手活動はそれだけに留まらず多くの有名アーティストへ楽曲提供をおこなうなど制作側としても高い評価を得ている。現在も伝説のアニソン歌手としてイベント出演をこなしながら高い歌唱力からボーカルトレーナーとして育成にも力を入れている。2017年にはワンマンライブが決定。実に30年ぶりという名古屋、そして大阪でのライブが実現する。

鮎川麻弥の日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

鮎川麻弥について

鮎川麻弥の魅力とは

鮎川麻弥とはアニソン歌手、そして楽曲提供など様々な顔を持つ実力派アーティスト。テレビアニメの主題歌でデビューを果たし、アニソン歌手として当時絶大な人気を誇りながら、以降はまた違った活動を展開しそのバラエティ溢れる活動で高い人気を誇っている。知る人ぞ知る昭和のアニソン歌手、そして意外なところではCMソングを数多く手掛けるアーティストであり、彼女が歌ったCMの曲は実に200にものぼっている。「花王」「第一三共」など日本人にとって馴染み深いCM曲の多くを手掛けており、その背景には彼女の雄大な歌唱力が要因とされている。

幼少期から音楽に浸る生活を送り、学生時代にはバンドを組んでいた彼女。その当時から既に楽曲制作を始めており、歌唱力だけでなく制作においても高い才能を発揮していた。歌手活動が安定する頃には「JIVE」というグループに所属し活動。当時は他にも有名アーティストのツアーへ同行しコーラスをおこなうなど多方面でその実力を発揮していた。楽曲提供を行うアーティストもまた豪華な顔ぶれで、中山美穂や森口博子、松本梨香などへと提供している。さまざまな顔を持ち今だその実力は多くの場面で披露。2017年には「スーパーロボット魂2017」というアニソンライブイベントへと出演。大御所が集まる中でいかんなくその実力を見せつけている。

鮎川麻弥が好きな方はこんなチケットもおすすめ