戦後の日本の芸能文化の中心として、多くの人に愛され続けてきた歌舞伎座。戦後の廃墟から立ち上がり、1951年に歌舞伎公演を再開し、不死鳥の如く甦った第4期歌舞伎座は、2009年から1年余りにわたって開催されたさよなら公演をもって、2010年にその役目を終えた。それから3年。2013年4月、歌舞伎座は歌舞伎座タワーと木挽町広場を併設され、第4期歌舞伎座までに受け継がれた歌舞伎座の伝統と趣を引き継ぎつつ、そこに現在の技術が注ぎ込まれ、さらに進化を遂げた姿で私たちの元に戻ってきた。興行形態は、一日に昼夜2公演を行う「昼夜公演」と、一日に3回の公演を行う「三部制公演」が主流となっている。1〜3階までの座席数は1,808席で、4階の一幕見席は96席となっている。特に、好きな幕だけを気軽に鑑賞できる「一幕見席」は初めて歌舞伎を見るという人にも人気の席で、混雑時には完売してしまうほどだ。

歌舞伎座の日程

285人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

歌舞伎座の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

歌舞伎座のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 06:00更新)

歌舞伎座について

歌舞伎座の魅力とは

市川海老蔵をはじめ片岡愛之助など、歌舞伎俳優陣が歌舞伎だけではなく、映画やドラマ、舞台など様々なフィールドで活躍を続け、これまでの歌舞伎ファン以外にも、多くの人の注目が集まってきており、歌舞伎座の再会場と併せて、多くの注目が集まっている歌舞伎界。これからますますチケットを求め、歌舞伎を楽しむ人が増えてくるだろう。

歌舞伎座が好きな方はこんなチケットもおすすめ