アビスパ福岡は、福岡県福岡市をホームタウンとするJリーグのサッカークラブ。ホームスタジアムは福岡市博多区の東平尾公園内にあるレベルファイブスタジアムだ。チームカラーはネイビーブルー・シルバー・ブルーベールダンスの3色で、1stユニフォームはネイビーブルー基調にシルバーがアクセントで使われている。前身は静岡県藤枝市に本拠地を置く中央防犯サッカー部(1982年創部)が、1995年藤枝市内にJリーグ基準を満たすスタジアムが存在しなかったことなどを理由に、福岡市にホームタウンを移し福岡ブルックスへ改名。1996年のJリーグ加盟に合わせアビスパ福岡となった。

アビスパ福岡の日程

238人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アビスパ福岡の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アビスパ福岡のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 00:00更新)

アビスパ福岡について

アビスパ福岡の魅力とは

「アビスパ福岡」はJリーグのサッカークラブ。福岡県福岡市をホームタウン、レベルファイブスタジアムをホームスタジアムとしている。アビスパ福岡のエンブレムは、ストライプの模様を施した盾型だ。中央の盾はホームタウンを表し、その中には和と結束を意味するクラブ名が刻まれている。そして槍のデザインには、蜂のように鋭い攻撃という意味が込められているという。また、クラブロゴにもその意志が生きており、蜂の飛んでいる軌跡をイメージしたなめらかな字体が特徴的である。そして熊ん蜂をモチーフにしたキャラクター「アビーくん」と「ビビーちゃん」は、マスコットとしてチームを盛り上げている。

チーム名のアビスパは「熊ん蜂」をスペイン語で読んだものだ。これはハチの持つ集団的行動や俊敏性がチームの目指すスタイルである、「軽快で統制のとれた多様なグループ攻撃」を象徴するに的確ということで付けられた。「アビス(AVIS)」はラテン語で「鳥」や「飛び立つもの」という意味を持つ。その言葉から発想し「スポーツ文化が地域に根ざし世界に向けて躍進していくように」という願いが、そのチーム名には込められている。アビスパ福岡はホームタウン活動にも力を入れており、展開するスクールでは多くの子供達がサッカーを学び、切磋琢磨している。

アビスパ福岡が好きな方はこんなチケットもおすすめ