北海道コンサドーレ札幌は、札幌市を中心に北海道をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ所属のプロサッカークラブである。1935年に創部された東芝堀川町サッカー部が前身であり、1996年に同サッカー部が札幌に移転し、コンサドーレ札幌として活動をはじめ、創立20周年を迎えた2016年シーズンからチーム名を現在の名称に改称している。チーム名のコンサドーレ(consadole)は、北海道民を意味する道産子(どさんこ)の逆さ読みと、スペイン語やポルトガル語などで「行け」などを意味する間投詞「Olé(オーレ)」が合わさったもので、一般公募によって決定された。ホームスタジアムは、札幌市が所有する札幌ドームである。

コンサドーレ札幌の日程

455人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

コンサドーレ札幌のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/26 00:00更新)

コンサドーレ札幌について

コンサドーレ札幌の魅力とは

北海道コンサドーレ札幌は、日本プロサッカーリーグに所属するプロサッカークラブである。1935年創部の東芝堀川町サッカー部を前身とし、1996年にコンサドーレ札幌として活動をはじめ、創立20周年を迎えた2016年シーズンからチーム名を現在の名称としている。ホームタウンは札幌市を中心とする北海道としており、ホームスタジアムは札幌市所有の札幌ドームである。1997年からは日本サッカーチーム初のオフィシャルダンスドリルチーム「コンサドールズ」が結成され、スタジアムでのダンスパフォーマンス以外にも、北海道各地で様々なイベントやボランティア活動に参加している。スポンサーとしては、北海道のお土産と言えば「白い恋人」の石屋製菓を筆頭に、エゾデン、サッポロビール、あいプラングループ等がオフィシャルトップパートナーとして参加している。また、2016年からコンサドーレパートナーアーティストが設けられており、第1号は札幌市出身の歌手である大黒摩季が選出されている。2016年に開業した北海道新幹線で盛り上がる中、2017年には日本のプロサッカーチーム史上初となるバドミントンチームが発足し、さらなる話題を集めている。

コンサドーレ札幌が好きな方はこんなチケットもおすすめ