田村ゆかりは、2008年女性声優として3人目になる武道館公演を行うなど、絶大な人気を誇る。パワフルでキュートなライブはライブ会場を「ゆかり王国」とし、アンチさえも王国民にする。一度聴いたら忘れられない声とラブリーに彩られたステージ、練り上げられたエンタメ性は熱烈な田村ゆかりファンを増殖中。現在行われているツアーでは、「ねんどろいど 田村ゆかり」が登場するなど、その活躍から目が離せない存在である。

田村ゆかり 神楽坂ゆかの日程

634人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

田村ゆかりのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

田村ゆかりについて

七色の美声に酔いしれる、田村ゆかりのライブの魅力とは

声優として大成功を収めている 田村ゆかりは一人でアニメキャラ4役をこなすことのできる七色の声の持ち主である。シンガーとしても大活躍する田村ゆかりの歌声は一度聴いたら忘れることが出来ないほどの美しさであり例えるならば天使のようである。しかしその現実離れした、鈴が鳴るような田村ゆかりの美声が幼少期にはコンプレックスであったと言うのには驚かされる。

正当な評価を得ることが出来るライブステージという場所にたどり着いた田村ゆかりは水を得た魚のようにその才能を開花させた。大会場を埋め尽くす観客は毎回毎回大盛り上がりで、そのあまりの激しさに田村ゆかり本人よりも観客席に目が行ってしまう程である。田村ゆかりのライブがそこまでの盛り上がりを見せるのは、田村ゆかりのライブには必ずディズニーランドを彷彿とさせる大がかりかつ夢のような演出と舞台装置が用意されているからであろう。そんな夢の国へのチケットは毎回ソールドアウト状態である。

「めろ〜ん」との呪文とともにオーディエンスをメロメロ、田村ゆかりの魅力を徹底解剖

近年、オリコンチャートを賑わせるひとつのジャンルとして確立している「声優初歌手行き」で確固たる地位を築いているのアニメシンガー、田村ゆかり。高くかわいらしい、まさにアニメ声なその幼い声で数々のタイアップ曲歌い上げていく。親しみを込めて「ゆかりん」と呼ぶ熱狂的なファンは、田村ゆかりがどこに行くにもチケットを購入してライブ会場に大挙して乗り込み、田村ゆかりのキャッチカラーであるピンク色に会場を染め上げる。

ライブの衣装はアニメオタクが好むようなファッション、つまりは猫耳、フリフリのワンピース、ニーハイなどを身にまとい、その雰囲気からは、とても30代後半に差し掛かったとは思えない若さを感じさせる。ライブ中でのパフォーマンスでは歌やダンス以外にも、魔法のステッキを取り出し「めろ〜ん」との呪文とともにオーディエンスをメロメロにするパフォーマンスや、時折ブラックジョークを混ぜながらファンを楽しませたりと、オーディエンスを飽きさせない姿はファンの田村ゆかりのチケット購入リピート率をどんどん高めていく。武道館ライブを成功させるなど、アーティストとしても確かな歩みを続けていく田村ゆかり。今後の活躍にも大きな期待を寄せていきたいところだ。

田村ゆかり 神楽坂ゆかが好きな方はこんなチケットもおすすめ