五木ひろしは、レコード会社のコンテストで優勝したことをきっかけに、1965年にデビューするが、しばらくはヒット曲に恵まれなかった。転機となったのは1970年。ふたたびテレビのオーディション番組に出場し、10週連続で勝ち抜く快挙を遂げる。翌年、再デビュー。「よこはま・たそがれ」を発表し、オリコンシングルチャートで悲願の1位に輝いた。五木ひろしの代名詞とも言える、右手で拳を握りしめて歌うスタイルはこの頃確立。コロッケなどにものまねされている。五木ひろしのコンサートチケットは高額であることも有名。2011年のクリスマスディナーショーは5万円という高値だったにもかかわらず大盛況であった。また、2007年に紫綬褒章を受賞している。

五木ひろしの日程

115人が登録中

すべての公演 出品中 (2) リクエスト中 (1)

もっと見る(53件) 閉じる

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

五木ひろしのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

五木ひろし について

五木ひろし の魅力とは

2015年に五木ひろしは「よこはま・たそがれ」より45周年を迎えた。1964年「第15回コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝し、プロ歌手となった。 1970年「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜きを達成する。1971年に「五木ひろし」として「よこはま・たそがれ」を発表し大ヒットを巻き起こした。この曲により、数多くの賞を受賞し、ミリオンセラー歌手となった。毎年年末の「NHK紅白歌合戦」では、1971年「よこはま・たそがれ」で出場以来、連続出場を果たしている。また2004年3月には、五木ひろしによる日生劇場ライブコンサートの構成演出が評価され、文化庁より第54回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。2007年11月には紫綬褒章を受章した。2011年10月には都はるみとデュエットし「2つの星」をリリース。2014年には芸能生活50周年を迎え11月に「五木ひろし全曲集2015」を発売した。五木ひろしの代表曲・ヒット曲として周知のこと「よこはま・たそがれ」、第24回日本レコード大賞金賞を4年連続4回目受賞した「契り」、45万枚を超える売上げを記録した「千曲川」、日本のふるさと情景を素朴に歌い上げている「ふるさと」がある。

五木ひろしが好きな方はこんなチケットもおすすめ