kokua(コクア)は、TV番組「仕事の流儀」の主題歌のために結成されたユニット。ボーカル、楽曲制作はスガシカオ、キーボードとプロデュースに武部聡志、ギターは山弦の小倉博和、ベースはDr.StrangeLoveの根岸孝旨、ドラムは屋敷豪太という、豪華な顔ぶれ。2006年「Progress」をリリース。2013年3月には3年ぶりとなる一夜限りのライブを行った。定期的な活動がないため幻のバンドと呼ばれている。

kokua(コクア)の日程

174人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

kokuaの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

kokuaのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 00:00更新)

kokua(コクア)について

kokua(コクア)のライブの魅力とは

音楽のプロフェッショナルである、武部聡志、スガ シカオ、小倉博和、根岸孝旨、屋敷豪太が、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌のためだけに結成したユニット。

kōkua(コクア)は、ハワイ語で「協力する、協調する」という意味。

代表曲は「Progress」。過去・現在・未来と、自分の歩んできた道のりを振り返りつつ「あと一歩だけ、前に 進もう」と自分自身の背中を押し、未来へと向かって踏み出す勇気を喚起させてくれるその歌詞と、武部聡志によるロックバラード調のアレンジがこの曲をさらに魅力的なものにしている。幅広いリスナーから支持される「エヴァー・グリーン」な1曲。

kokua(コクア)が好きな方はこんなチケットもおすすめ