大分トリニータは、大分市、別府市、佐伯市を中心とする大分県全域をホームとするJリーグクラブです。近年では清武弘嗣、森重真人などの日本代表を多く排出するなど若手の台頭によりチームは活性化し、それも相まって多くのサポーターをホームスタジアムである大分銀行ドームに集めています。開幕戦などの重要な試合では、サポーター達が準備したカラーボードを掲げてコレオグラフィーを作るなど、熱気のこもった応援で試合をいっそう盛り上げています。観戦に行くならばスタジアムが一体となって作り出すコレオグラフィーに混ざって応援するとより楽しいものになります。ゴール裏全体が応援団を中心にしたサポーターが多くいるので、そこに混ざるのもいいかもしれませんね。まずは開幕戦など注目の試合でトリニータの熱戦を体験してみてはいかがでしょう。

大分トリニータの日程

9人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

大分トリニータの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大分トリニータのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 00:00更新)

大分トリニータについて

大分トリニータの魅力とは

大分トリニータは、大分市、別府市、佐伯市を中心とする大分県全県にホームを置くJリーグ所属のサッカーチームです。ホームスタジアムは大分銀行ドームです。チーム名のトリニータは、英語で三位一体を意味する「トリニティ(Trinity)」と「大分(Oita)」からなる造語です。綴りはイタリア語の三位一体を意味する「Trinita」と同じになっています。 チームの発足は1994年に任意団体「大分フットボールクラブ」として始まり、創部間もなく、大分県社会人サッカーリーグと九州サッカーリーグを連覇、1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会で2位に入り、2年で旧JFLへ昇格しました。その後、1999年に運営法人「株式会社大分フットボールクラブ」を設立しJ2初年度から参戦しました。 チームカラーはブルーを採用しています。2008年~2011年ではセカンドユニフォームで殆どブラックに近いグレーを使用していたが視認性の問題で現在は廃止、ホーム=ブルー、アウェイ=ホワイトのユニフォームとなっています。 大分トリニータのJリーグでの戦歴は、1999年から長くJ2を戦い、2002年シーズンで念願のJ1昇格をもぎ取りました。J1では年を追うご とに徐々に順位を上げ2008年にはチーム最高の4位となりました。 そして大分トリニータを後押しするサポーターはひと際、熱狂的として知られています。ひとたび試合となれば相手サポーターをねじ伏せるがごとく激しい応援を行ないます。この熱気を一度味わったら病みつきになります。

大分トリニータが好きな方はこんなチケットもおすすめ