東京ヤクルトスワローズは、東京都をホームとするプロ野球球団で、セントラル・リーグに所属するチームだ。1950年に国鉄スワローズとして結成され、マスコットは燕をモチーフとしたキャラクターである。ホームスタジアムは明治神宮野球場であり、過去には荒木大輔、古田敦也など日本を代表する選手が在籍した人気球団として知られている。また応援歌には東京音頭をとりいれており、得点が入ると特製のビニール傘を振りながら東京音頭を歌うのがヤクルトスワローズの応援の特色ともなっている。この誰でも簡単に参加でき、他のチームにない独自の応援によって得点時にはスタンドに一体感が生まれよりゲームを盛り上げていく。あなたも周りのファンと一体となって、東京ヤクルトスワローズの試合を盛り上げよう!

東京ヤクルトスワローズ戦の日程

12,882人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

東京ヤクルトスワローズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/20 00:00更新)

東京ヤクルトスワローズについて

東京ヤクルトスワローズの魅力とは

東京ヤクルトスワローズは、セントラル・リーグに所属するプロ野球球団だ。東京都を保護地域とし、収容人員35,650人の明治神宮野球場をホームスタジアムとしている。過去には荒木大輔、古田敦也などが在籍していた。野村克也監督時代には「ID野球」を代名詞に、4度のリーグ優勝を成し遂げそのうち3度日本一に輝いた人気球団である。2006年からは地元密着型の球団を目指す事を目的に国鉄時代以来となる「Tokyo」の文字がユニフォームに復活し、往年のファン達から喜ばれている。マスコットキャラクターはつば九郎、つばみ、トルクーヤの3匹で、燕をモチーフにしている。

東京を中心とした関東圏に多くのファンを持つ球団で、スワローズの応援と言えばなんといっても「東京音頭」とカラフルな「ビニール傘」だ。得点時にはビニール傘を振りながら東京音頭を歌う光景は、神宮球場でこそ味わえるものである。このビニール傘を使った応援はファン同士に連帯感を生み、選手たちを称える大きな声援となり、チームを後押しする。スタンドを埋め尽くすビニール傘、それがそろって動く様は見ていても躍動感があり観戦を一層楽しいものにしてくれる。その輪の中に入ってみれば、高揚感はさらに高まるだろう。

東京ヤクルトスワローズ戦が好きな方はこんなチケットもおすすめ