サガン鳥栖は、佐賀県鳥栖市をホームとし、ベストアメニティスタジアムをホームスタジアムとするJリーグクラブです。これまでに山田卓也や、柳沢将之、磯崎敬太など日本を代表する選手が在籍した人気のチームです。鳥栖市はホームタウンの人口がJリーグの全40クラブの中で最も小さいにもかかわらず、佐賀市でホームゲームを開催したり、佐賀県全域でサッカースクールを開校するなど地元密着の広域的活動により、多くのサポーターを獲得しています。スタジアムでは地域住民を中心としたサガンサポーターにより、チームカラーである「ブルー×ピンク」の大型フラッグが何旗も振られ精力的な応援が行なわれます。大型フラッグが表れるサポーターが一体となっている瞬間は迫力です。サガンサポーターの熱い応援を体験するならスタンドに行くのが一番です。チームカラーを取り入れてぜひこの機会に応援に出かけてみてはいかがですか。フェリックス・マガト氏の監督就任のゆくえも話題になっている、いま最も注目すべきチームです。

サガン鳥栖の日程

275人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

サガン鳥栖のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/25 12:00更新)

サガン鳥栖について

サガン鳥栖の魅力とは

サガン鳥栖は、佐賀県鳥栖市をホームタウンとするJリーグのサッカークラブです。ホームタウンの人口はJリーグの全40クラブの中で最も小さい市ですが、佐賀県全域でサッカースクールを開校したり、福岡県筑後地方からも支援を受けています。 チームは1991年、当時静岡県リーグ1部所属のPJMフューチャーズ(本拠地は静岡県浜松市)を佐賀県へ誘致し鳥栖フューチャーズが設立。しかし1997年に運営会社の解散に伴い1度はチームも消滅しました。しかし存続を求める5万人を超える署名が集まり、佐賀県サッカー協会が任意団体としてサガン鳥栖FCを発足しました。そして1999年Jリーグの2部制導入に伴い、株式会社サガン鳥栖として法人化、J2からの加盟となりました。2005年~現在は株式会社サガンド リームスが経営母体となっています。 チームカラーはブルー(やや緑がかった水色)とピンクの2色を使用しており、1stユニフォームではサガンブルーと名付けられたブルー地にピンクのラインが入ったものとなっています。 J2に参入後のサガン鳥栖は長く下位を低迷し、クラブ存続の危機などもありましたが、徐々に昇格争いに加わるようになり、2011年シーズンで遂にJ1昇格を決定しました。J1では2012年、2014年シーズンでチーム最高の年間5位を達成しています。 そしてサガン鳥栖を支えるのがユーモア溢れるサポーターです。ホームゲーム、アウェイゲーム問わず掲げられる「正直田舎者」の横断幕は、相手チームのサポーターでさえ好感をもってしまうほど。サガンの温かみのあるスタンドはとても居心地が良い場所です。

サガン鳥栖が好きな方はこんなチケットもおすすめ