セレッソ大阪は、大阪府大阪市にホームを置くJリーグクラブだ。前身のヤンマーディーゼルサッカー部を母体に1995年にJリーグへ加盟した。ホームスタジアムはキンチョウスタジアムおよび大阪長居スタジアムで、多くの熱狂的なサポーターにより盛り上げられている。また優秀な育成組織を持つチームであり、欧州で活躍する香川真司、清武弘嗣、乾貴士などを排出しているほか、多くの日本代表選手も送り出している。そしてなんと言っても同じ大阪をホームに持つガンバ大阪との「大阪ダービー」は必見で、その白熱の試合展開にスタジアムの熱気が一層増すほどである。チームカラーのピンク&紺のものを身につけて、熱狂的なスタジアムでの観戦を是非一度体験してみよう。

セレッソ大阪の日程

932人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

セレッソ大阪のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/28 00:00更新)

セレッソ大阪について

セレッソ大阪の魅力とは

セレッソ大阪は、大阪府大阪市、堺市をホームタウンとするJリーグのサッカーチーム。前身のヤンマーディーゼルサッカー部(1957年創部)から、1995年にJリーグへ加盟。ホームスタジアムは、キンチョウスタジアムおよびヤンマースタジアム長居。セレッソのチーム名は、大阪の市花である桜のスペイン語(Cerezo)であり、地元大阪市を、そして日本を代表するチームになるように願いが込められている。マスコットは「ノブレ・バリエンテ・アッチェ・ロビート・デ・セレッソ」といい「高貴で勇敢な、由緒あるセレッソ家のオオカミの息子」という意味の名前がつけられている。愛称はロビー。チームカラーはピンクと紺。

セレッソ大阪は若手選手育成に長けており、近年ではアカデミーから柿谷曜一朗や山口螢などが日本代表に選出されている。また香川真司、清武弘嗣、乾貴士などはセレッソ大阪からヨーロッパのクラブへと移籍しており、ヨーロッパで最も有名な日本のクラブと言われている。 セレッソ大阪は過去にJ1とJ2を行き来しているが、2013年シーズンでは観客動員が増加し、若い女性のファンが増え「セレ女」という名称で呼ばれている。 大阪人気質あふれるユーモアを満載に取り入れた応援は体感すれは一層楽しいものになること間違いない。

セレッソ大阪が好きな方はこんなチケットもおすすめ