名古屋グランパスは、愛知県の名古屋市・豊田市・みよし市を中心とする県全域をホームとするJリーグクラブです。名古屋市に名古屋市瑞穂公園陸上競技場、豊田市に豊田スタジアムをホームスタジアムとして持ち、過去には小倉隆史や元ユーゴスラビア代表主将ストイコビッチなどが在籍した人気チームです。愛知を中心に多くの熱狂的なサポーターがいる事でも知られ、グランパスの試合ではチームカラーの赤でスタンドは染まります。ビッグフラッグや巨大な横断幕など、これぞビッグチームと思わせる迫力を感じられるでしょう。キックオフ前からゴール裏では楽器を使ったり応援歌を歌ったりと、グランパスサポーターの白熱した応援が行なわれます。グランパスサポーターの熱気を肌で感じたいなら会場開門と同時にスタジアムに行くのがオススメ。ぜひ一度体験してみてはいかがですか。

名古屋グランパスの日程

590人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

名古屋グランパスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

名古屋グランパスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

名古屋グランパスについて

名古屋グランパスの魅力とは

名古屋グランパスは名古屋市、豊田市、みよし市を中心とする愛知県全県をホームタウンとするJリーグ所属のサッカーチームです。トヨタ自動車工業サッカー部(1939年創部)を母体とし、名古屋グランパスエイトとして1993年のJリーグ創設時に加盟したオリジナル10のひとつです。ホームスタジアムは、豊田スタジアムおよび名古屋市瑞穂陸上競技場です。 J加入当時のグランパスエイトというチーム名は、英語で鯱(名古屋城の金鯱)を意味する「グランパス(Grampus)」と名古屋市の記章であり、末広がりを表す「エイト」を組み合わせたものでしたが、2008年シーズンより「エイト」は省いた名古屋グランパスとなりました。これには2007年までリーグ8位が5回もあったためメインスポンサーであるトヨタ自動車からの指示があったと言われています。 チームカラーはレッド。マスコットキャラクターはグランパスから鯱をイメージしたグランパスくん、グランパコちゃんなどがいます。 Jリーグ設立当初の戦績は奮わなかった名古屋グランパスは、1994年に新たに参入した磐田や平塚より下位であったため「Jリーグのお荷物」とまで言われた過去もあります。しかし翌1995年には天皇杯を優勝、リーグ戦年間総合3位と大躍進を見せました。その後も1999年に天皇杯優勝、2010年リーグ優勝と輝かしい成績を残しています。 そしてサポーターがひと際、熱狂的なことも一つの特徴です。時にチームが不甲斐ない試合をした後は、チームのバスを取り囲む程、熱烈なサポーターがそろっています。それ故、スタジアムの熱気も随一になることもしばしばです。

名古屋グランパスが好きな方はこんなチケットもおすすめ