ジュビロ磐田は、静岡県磐田市をホームとするJリーグクラブ。これまでにJリーグの数々のタイトルを獲るなど実力も兼ね備えたチームだ。過去には中山雅史、名波 浩、福西崇史など日本代表も多く輩出。人気もあり、ホームのヤマハスタジアムには多くのサポーターが応援に集まる。サポーターによる応援は、チームカラーであるサックスブルーとセカンドカラーの白でコレオグラフィーを作り出すそのさまは圧巻の一言。サポーターが一体となって応援するゴール裏ではより熱気と迫力を感じられることだろう。2017シーズンより、横浜F・マリノスに所属していた中村俊輔が移籍。これによりさらに注目度が高まっている。彼らの今後の活躍に期待しよう。

ジュビロ磐田の日程

468人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ジュビロ磐田のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/28 18:00更新)

ジュビロ磐田について

ジュビロ磐田の魅力とは

ジュビロ磐田は、ヤマハスタジアムをホームスタジアムとするJリーグ所属のサッカークラブ。1972年に創部したヤマハ発動機サッカー部を母体とし、1993年にJリーグ準会員、1994年にJリーグ正会員となった。チームカラーはサックスブルー。静岡県の県鳥サンコウチョウをモチーフとしたジュビロくん、ジュビィちゃんがマスコットキャラクターとなっている。

地元磐田市の地域貢献の一環として、選手の市内全小学校への訪問事業を展開しているほか、地元の小学生とその保護者を招いて磐田市小学生一斉観戦授業なども積極的に行なっている。 Jリーグ参戦直後は、日本代表を務めた中山雅史や名波浩など名プレイヤーを輩出。1997年には2ndステージで初優勝を飾った。そしてこれまでに、年間優勝3回、天皇杯優勝、ヤマザキナビスコカップ優勝2回という輝かしい戦績を持っている。J1を代表するチームの一つとして活躍していたが、2013年に初のJ2降格となってしまう。しかし2015年シーズンではJ1への復帰を決めた。

「強いジュビロ」を信じるサポーターは、チームがJ1にいようとJ2にいようと応援することをやめないだろう。今後ジュビロ磐田がどのように変わっていくのか、これからに注目したい。

ジュビロ磐田が好きな方はこんなチケットもおすすめ