アルビレックス新潟は、新潟県新潟市、および北蒲原郡聖籠町をホームとするJリーグクラブで、東北電力ビッグスワンスタジアムをホームスタジアムとしています。これまで酒井高徳、矢野貴章などの人気選手も在籍しており、人気・実力共に高いチームです。アルビレックスは総合型地域スポーツクラブを目指していて、女子チームやバスケット・スキー・スノーボードチームなどを創立しているほか、Jリーグの会場の応援を彩るチアリーディングチームも運営しています。応援団とチアが音を合わせてパフォーマンスすること等があり、試合以外にも楽しめるポイントが沢山あります。観客動員数においては浦和レッズに続く多さを誇っていたりと、チームカラーである「オレンジと青」に染まるスタジアムは迫力満点です。選手からもサポーターからも熱気を感じられるスタジアムに是非観戦に行ってみましょう。

アルビレックス新潟の日程

135人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

アルビレックス新潟の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

アルビレックス新潟のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 12:00更新)

アルビレックス新潟について

アルビレックス新潟の魅力とは

アルビレックス新潟は、新潟県新潟市および北蒲原郡聖籠町をホームタウンとするJリーグのサッカーチームです。ホームスタジアムは東北電力ビッグスワンスタジアムです。前身は1955年に新潟明訓高校のOBが中心に作られた新潟イレブンサッカークラブで、1994年にアルビレオ新潟FCとなりました。アルビレオは、はくちょう座にある二重星アルビレオに由来していましたが、1997年に商標問題から、アルビレオとラテン語で「王」を意味するレックスからなる造語アルビレックスにチーム名を変更することが県民投票で決まりました。その後、1999年にJリーグに加盟となります。マスコットキャラクターは白鳥をモチーフにしたアルビくん。チームカラーはオレンジ、青、白の3色です。それぞれに、オレンジと 青は、はくちょう座の二重星アルビレオの他、日本海に沈む夕日、日本海と信濃川をイメージし、白は白鳥と雪をイメージしたものとなっています。 Jリーグ参加後は2003年までJ2を戦い、2004年にJ1初昇格しました。J1最高順位は2007年の6位です(2014年末時点)。J1の常連となり、タイトル奪取を賭けた争いにも食い込んでいるトップチームです。 そしてアルビレックス新潟サポーターの団結力はすさまじいものがあります。一説には新潟には2万5000人のコアなサポーターがついていると言われる程で、正念場には大挙して押し寄せるのも特徴です。これまで感じた事のない熱気を体感できるでしょう。

アルビレックス新潟が好きな方はこんなチケットもおすすめ