ヴァンフォーレ甲府は、甲府市・韮崎市を中心とする山梨県全県にホームを置くJリーグクラブだ。過去には林健太郎・ハーフナー・マイクなど日本を代表する選手が在籍している。山梨唯一のプロスポーツクラブということで地元の企業・店舗がサポートする市民チームとしても有名だ。ホームスタジアムの山梨中銀スタジアムには地元住民を中心とした多くのサポーターが集まり、サポーター集団であるHINCHASを中心に熱い応援を繰り広げている。中でも特徴的なのは「♂」の巨大フラッグを掲げ、コーヒールンバなどをベースとした歌を歌いながら応援するスタイル。応援歌を皆で歌い応援するスタンドには、他では味わえない一体感がある。サッカーは座って観ているだけでも楽しいが、スタンドが一体となって選手を応援することもサッカー観戦の醍醐味だといえよう。

ヴァンフォーレ甲府の日程

63人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ヴァンフォーレ甲府の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ヴァンフォーレ甲府のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

ヴァンフォーレ甲府について

ヴァンフォーレ甲府の魅力とは

ヴァンフォーレ甲府は、甲府市、韮崎市を中心に山梨県全県をホームタウンとするJリーグのサッカークラブだ。ホームスタジアムは、山梨中銀スタジアム。甲府サッカークラブ(1965年創部)を前身に、1999年にJリーグへ加盟を果たした。

ヴァンフォーレというチーム名はフランス語の「Vent(風)」と「Forêt(林)」からなる造語。これは甲斐(山梨県)の戦国武将である武田信玄の旗印「風林火山」に基づいて作られた。ヴァンフォーレ甲府は、特定の母体企業を持っておらず、地元山梨の企業の小口スポンサーの支援で運営されているクラブだ。チームカラーはブルーを使用していますが、現在は武田氏の赤備え(甲府クラブ時代のチームカラー)である赤をユニフォームに赤い縞を入れている。

ヴァンフォーレ甲府のJリーグでの歴史はJ2から始まり、2006年に初めてJ1昇格を果たした。しかしこの時は2シーズンで降格、再びJ1昇格となったのは2011年だが、1シーズンで降格とJ1での戦績は奮っていない。しかし2013年に3度目の昇格。2013年15位、2014年13位(J1過去最高順位)を記録する等J1常連チームとなっている。

地元山梨の期待を一身に背負う今期は注目。そしてそれを援護するサポーターも熱いのがヴァンフォーレ甲府だ。風林火山を地で行くかの如く繰り広げられるチャントの熱気がスタジアムを包む。そんな中でも非常に紳士的なサポーターが多いのも特徴。

ヴァンフォーレ甲府が好きな方はこんなチケットもおすすめ