川崎フロンターレは、神奈川県川崎市にホームを置くJリーグクラブである。1999年より2部でのJリーグ参入となり、等々力陸上競技場をホームグランドとしている。中村憲剛や稲本潤一・川島永嗣などがプレーをしたリーグでも屈指の人気のチームだ。前身の富士通サッカー部がプロ化した。川崎市内各商店街等の行事への選手らの派遣や、地域の市民・区民まつりへの参加などを積極的に行ないサポーターを着実に増やしている。このためホームでの試合ではスタンドは、チームカラーの「サックスブルー」に染め上げられ白熱した応援が行なわれ、地元ファンの熱い応援を体感できるホームゲームは必見である。「サックスブルー」に染まるスタジアムで観戦してみてはどうだろうか。

川崎フロンターレの日程

2,216人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

川崎フロンターレのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/23 06:00更新)

川崎フロンターレについて

川崎フロンターレの魅力とは

川崎フロンターレは、神奈川県川崎市をホームタウンとするJリーグのサッカークラブである。ホームスタジアムは等々力陸上競技場です。1999年に富士通サッカー部(1955年創部)を母体としてJリーグへ加盟した。フロンターレ(Frontale)というチーム名はイタリア語で「前飾り、正面の」といった意味があり、常に最前線で挑戦し続けるフロンティア精神と正面から正々堂々戦う姿勢を表したもの。チームカラーはサックスブルーを使用している。

主要株主である富士通はサッカー以外でもアメリカンフットボール、男女バスケットボールチームを川崎市を本拠地とし、川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに参加している。 J2から始まった川崎フロンターレのJリーグでの歴史は、加 盟翌年にJ1へ昇格するも1年で陥落。その後は2001年~2004年までのシーズンをJ2戦い念願の昇格を果たした。その後はJ1で鼓舞奮闘、近年では毎年上位争いに絡む活躍を見せ、ACL(Asian Football Confederation)などにも出場している。 また川崎フロンターレは特に地域密着性の高いクラブだ。地元川崎のまつりへの参加や、市内の商店街等の行事への選手らの派遣なども積極的に行なっている。クリスマスには「青いサンタクロース」として入院児への訪問活動も恒例事業となっていて、サッカー以外の活動でもファンを楽しませてくれるチームだ。地元に根付いたチームには強力なサポーターも多く、毎試合チームを後押しする熱気あふれる応援が行なわれる。

川崎フロンターレが好きな方はこんなチケットもおすすめ