FC東京は、東京都をホームとするJリーグクラブ。ホームスタジアムは味の素スタジアムだが、国立霞ヶ丘陸上競技場や駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場など都内各所でホームゲームを開催している。Jリーグ創設から6年後に加盟し、J2よりリーグに参加し、僅か1シーズンでJ1へ昇格。当時、東京都を本拠地とする初めてのチームでもあった事から人気チームとなった。これまでには長友佑都・土肥洋一などの人気選手も在籍し、多数の観客動員数を誇るチームであり、サポーターの熱狂ぶりもリーグ1・2を争っている。FC東京のチームカラーである「青赤」に染まるスタジアムは必見。観戦の際はチームカラーを取り入れていくと気分も高まり、より楽しめること受け合いだ!

FC東京の日程

523人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

FC東京の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

FC東京のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/3 00:00更新)

FC東京について

FC東京の魅力とは

FC東京は東京都をホームタウンとする、Jリーグのサッカークラブである。前身は東京ガスサッカー部(1935年結成)であり、1999年よりJリーグ(J2)への加盟が決定。1999年のJ2参戦から一期でJ1昇格を果たし、2010年までJ1を保持。2011年に降格となるものの、またも1期で昇格を果たしているトップチームのひとつである。ホームスタジアムは調布市の味の素スタジアムだが、ここ以外でも駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場、国立霞ヶ丘陸上競技場でもホームゲームを開催している。 チーム名のFC東京は、誰にもわかり易く・シンプルで馴染み易い・都民のためのJクラブを目指すという観点からつけられている。チームカラーは青と赤の2色で、ユニフォームも赤と青が混在した華やかなデザインとなっている。チームマスコットは港区麻布狸穴町(1998年10月1日生)の狸の「東京ドロンパ」で、狸界では誰もが認めるFC東京ファンだそう。

多くのサポーターはタオルマフラーを着用したり、フラッグを掲げるなど独自の応援を見せる。FC東京のサポーターはそのユニフォームの色から、他のクラブサポーターからは「青赤軍団」と呼ばれている。チーム愛を前面に押し出す彼らは近隣のアウェイゲームにも大挙して押し寄せ、会場近くを埋め尽くす事もあり、一部ではイナゴなどとも称されてる。サポーターが一丸となって謳うチャントは、初めて見る者を圧倒する迫力がある。

FC東京が好きな方はこんなチケットもおすすめ